ポンド円  火曜日のポイントを具体的なレートで見る。

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。


にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


記事内レートは終値で見ています。



ポンド円日足は日柄的には戻り売りの展開は変わっておりませんが、昨日も指摘したレポートはかなり固くなっており、132のサポートがいつまで保たれるかが注目です。
133辺りまで戻すと売りにおされる展開になりそうで、次の日柄の20日前後には雲の捻れ目もあり、それまでは戻れば売りのスタンスを維持していきたいところです。


メタトレーダー4のポンド円4時間足です。
101214pon4h.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円4時間足は、『窓明けが大きくないことが条件となりますが、上記2つの抵抗帯に押し戻されて軟調な推移を予想しています。』と書きましたが、やはり上のレジスタンスはつよく値をくずす展開となりましたが、先行スパン3と、先行線が雲に阻まれた形となり下値はサポートされました。
本日は、ロンドン時間以降に遅行線がローソクとぶつかる形になりますので、ここに注目です。
132.50を強弱の分岐と見ており、ここを意識してトレードしたいところです。
頭を長い時間抑えられれば、軟調な展開が続きそうです。


当ブログと同じチャートが使えます。
設定方法から売買方法まで書いてます。
こちら詳しくはコチラから





1時間足見解は一番下にあります。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

当ブログ過去アクセスが多い記事です。

スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


未来を暗示する線

しかし色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の実績で証明されている11000pips以上も実績の売買シグナルもあります。
日足であれば、朝に1日1回だけチェックすれば終わりです。
もちろん<完全無料で見ることができます。
こちら詳しい記事はコチラから
最強の売買シグナル


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
※必見!! フィボナッチの引き方


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

メタトレーダー4のポンド円1時間足です。
101214pon1h.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円1時間足は、昨日朝はテクニカルを無視した形で『買いではいるのは危険』と書きましたが、やはりそのような展開になりました。
テクニカルは弱い状況をどれもみてとれませんでしたが、雲の形や位置等を見れば読み取れるものもあります。
このあたりは、トレードレポートにも書いてありますので、読んで頂ければと思います。
さて本日ですが、昨日に比べ弱気なサインが散見されています。
しかし、相変わらず雲は先行スパン3との関係は陽転したままですが、それも先行スパン3との乖離が大きくなっていますので、ここを調整していくものと見ています。
4時間足と同じく132.50が強弱の分岐点となります。


当ブログと同じチャートが使えます。
設定方法から売買方法まで書いてます。
こちら詳しくはコチラから






今回のFOMCはトレンドを出すほどに、大きな影響はないと見ていますが、それでも昨日からドルに関しては、ダウと為替の関係を見ていればわかるように、あきらかなポジション調整がされています。
注目のFOMCの発言の内容に関しては、前回と大きく変化がなければ、再度買い戻しをされそうですが、ここのところの急激な長期金利の変化に懸念を示す内容が盛り込まれれば、一旦売り込まれていきそうです。



かなり、更新のモチベーションが下がってきています。
こちら応援ポチっお願いします。






お花バナー



2010-12-14 06:08 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: