ポンド円  月曜日に展開を具体的なレートで見る

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

 
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

記事内レートは終値で見ています。

メタトレーダー4のポンド円日足です。
101206pond.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円日足は金曜日の雇用統計をうけて大きく下振れしましたが、ポンドルが強く結果長い下髭をつけておわる形となっています。
強弱のサインが混合していてわかりにくい展開です。
長い目で見れば、赤い上下のゾーンのレンジ内で動きになっていることがわかります。
日柄的には、まだ弱いと見ていますが、下値は雲下限あたりがサポートになり、抜けていく可能性は低いと見ています。
130.80付近で頭を押さえられれば弱い展開が続きそうで、ここのレジスタンスは固そうにみえています。
本格的反転をするには131.90あたりを抜けていかなければなりません。



メタトレーダー4のポンド円4時間足です。
101206pon4h.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円4時間足は、『130.30を守れなければ、調整が進んでいきそうです。』と金曜日朝のブログに書きましたが雇用統計中の下げでしたのでトレードポイントとしてはお粗末でした。
さて、本日は窓明けがどの位置になるかが注目です。
先行線は雲下、先行スパンと雲、ローソクも陰転しており強いイメージは抱けません。
基準線もレジスタンスとしては強固に見えています。
130.60あたりが強弱の分岐となりそうです。


当ブログと同じチャートが使えます。
設定方法から売買方法まで書いてます。
こちら詳しくはコチラから




hiyoko16_20101109055548.gifにほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村




1時間足見解は一番下にあります。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

当ブログ過去アクセスが多い記事です。

スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


未来を暗示する線

しかし色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の実績で証明されている11000pips以上も実績の売買シグナルもあります。
日足であれば、朝に1日1回だけチェックすれば終わりです。
もちろん<完全無料で見ることができます。
こちら詳しい記事はコチラから
最強の売買シグナル


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
※必見!! フィボナッチの引き方


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

メタトレーダー4のポンド円1時間足です。
101206pon1h.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円1時間足も、窓明けがどちらにつくかで大きく変わりそうですが、赤いゾーンを抜けない限り調整が続きそうです。
4時間足と同じく130.60がポイントとなるとみています。
130.10を切り、頭が押さえらる展開となれば、調整は進んでいきそうで有効なサポート地点はみあたりません。
下げの過熱感がでるとしたら、金曜日安値付近までさげると雲との乖離も激しくなり戻りを試すかもしれません。


今週は英金融政策による政策金利や資産買取の枠が発表される予定ですが、11月に比べて注目度は低くなっています。
それよりも、7日のアイルランドの予算案の提出を受けての支援策の具体化におけるユーロの上下や、米経済指標の動向に注目があつまりそうです。
雇用統計は悪い結果となりましたが、あくまでも遅行指標であり、これからの経済指標のほうが先を読むには重要だと考えます。



かなり、更新のモチベーションが下がってきています。
こちら応援ポチっお願いします。






お花バナー





2010-12-06 06:00 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: