勝ち組になる前に準備しておく事

来季確定申告の為に、デイトレやスキャル等の利益とスイングで含み損等を相殺するために色々と調べていたところ、やはり、クリック365の業者が、税金面でかなり有利になる事が多い事がわかりました。

通常相対取引で行われているFX業者の場合は総合課税となり、利益が出れば出るほど税率は高くなりますが、クリック365や大証FXの場合は分離課税となり20%が上限となります。

扶養者が居るかどうかなどの個人的な状況で若干の違いはありますが、兼業トレーダーで給与所得が300万を超える方は特にくりっく365の方が有利な場合が多いようです。

しかも、相対取引の業者は損失が繰り越せませんが、クリック365の業者の場合は、三年間の繰り越しが出来る為に、今は負けていたとしても、いつまでも負けているつもりでやっているわけではないのでしょうから、クリック365に早めに乗り換えておいた方がいいでしょう。

少しでも税金を節約したいなら、勝てるようになってからくりっく365に乗り換えるつもりと聞きますが、それでは遅いのです。
負けている時だからこそ、将来の為に365に乗り換えを考えた方がいいと思います。


365はスプレッドに関してはマーケットメイク方式を採用している為に、相場の健全性といった意味では疑う余地がありません。
複数の金融機関が提示したレートの中で顧客に一番有利な値が提示される仕組みになっています
(ゴールドマン・サックス証券、ドイツ銀行、UBS銀行、三菱東京UFJ銀行など世界トップクラスの金融機関)

マーケットメイク方式のイメージ図

リクテリア3



  


    リテラ・クレア証券HPより転載

(くりっく365の正確な現在のスプレッドは東京金融取引所のHPから確認できます。)

スプレッドは、各社の競争となる為に狭くなる傾向にあります。

くりっく365は相対業者と違って、手数料で収益を得ているので、スプレッドで利益をとる必要がありません。

ですから公平な低スプレッドのレートを配信することができます。
レート操作をされているという心配は全くありません。

東京金融取引所を通しての取引になるので、レートやスプレッドはどのクリック365の業者を使っても同じになるので、クリック365を選ぶ条件としては手数料とチャートの使いやすさとシステムの安定性の三つの条件が揃っている事に主眼を置けばいいでしょう。

私が以前、日本株をメインに売買していた時、知り合いの専業トレーダーがリテラ・クレア証券を多く使っていました。馴染みのない名前だったので、そのトレーダーに使用している理由を聞いてみた事がありました。
『比較的手数料が安い、大口の注文が通りやすいしシステムの信頼度が高い。』と聞きました。
実際に今でもデイトレ返済は無料ですし、信用取引も他社よりは安価だと思います。
クリック365に参入もしたリテラ・クレア証券には期待が持てそうです。
今なら平成22年11月29日(月)?平成23年2月18日(金)の間に、新たに「リテラFX365」口座を開設すれば、約定した取引枚数500枚まで実質無料となるそうです。
500枚超過分については、1単位あたり片道手数料を50円(税込)となるそうです。
一つ目のクリック365を選ぶ条件の手数料といった面はリテラ・クレア証券は問題ないようです。


リテア・クレア証券は、リテラFX365というスピードに特化した取引システムを11月29日から採用しています。
リッチクライアント版のチャートのギガトレードリテラです。
リクテリア

チャート画面から発注が出来るので感覚的な操作で簡単に取引ができ、レイアウトも自由に変えられる為に、自分の使いやすいようにカスタマイズできます。
二つ目のチャートの使いやすさといった面でも問題はないようです。


リクテリア2
システムの信頼度も高く

いざといった時も

ミラーサイトが用意され

万全の体制となっています。


このミラーサイトは、メインサイトとは別のデータセンターで管理されており、メインサイトの障害など、不測の場合に備えています。
これでシステムの信頼性も間違いなく、リテラ・クレア証券は、すべての条件を満たしたことになります。

詳しくはコチラから



リテラ・クレア証券に限らず、クリック365には以下の様な相対取引にはない魅力もあります。

★資産管理が取引所なので安心→信託保全は万全

★出来高を見ることができる →利食いやストップなどの位を考える手助けになる


この二つは、あまり語られていませんが非常に重要な要素だと思います。
クリック365の口座を開いてみて、相対業者の値動きを見てみると、面白い発見もあると思います。




リテラ・クレア証券は指標時のトレードをされる方には、特にお勧めです。

リクテリア1

リテアクレア証券の注目指標のフラッシュバックは、過去の指標後の値動きを確認することもでき、発表された数字に対しての予測の手助けにもなります。

詳しくはコチラから






更新のモチベーションが下がってきています。
皆さんの応援がエネルギーです。
こちら応援ポチっお願いします。






お花バナー



2010-12-07 13:10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: