ポンド円  金曜日の展開を具体的なレートで見る

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(3年目以降)へ
にほんブログ村  
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

記事内レートは終値で見ています。


三京証券[OKT FX]のポンド円日足線形回帰トレンドです。
101203pond.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円日足は長短期とも日足トレンドはミドルライン付近での攻防になっています。
このことに加え雇用統計が発表があることから、指標時間までは様子見の展開が予想されます。
本日の強弱分岐点は131.80で、レジスタンスも同じ位置になります、130.80がサポートになっており、ここを切って終われば調整が進みそうです。
日足レベルでは、新規ポジションをもつ必要はなく、見極めが大切でしょう。

ウルトラチャートは三京証券[OKT FX]の口座開設で見ることができます。
こちら詳しくはコチラから
三京証券[OKT FX]



メタトレーダー4のポンド円4時間足です。
101203pon4h.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円4時間足は、昨日夕方にも指摘したレジスタンスの位置は固かったようで、レンジを抜けたらしっかりとついていくと指摘していましたが、基準線がサポートになった事から、短期トレードにはなってしまいましたが、それなりの利益は上げる事ができました。
さて本日ですが先行線の位置に注目です。
雲下限付近で方向性を模索している状況で、しばらくすればはっきりするものと考えられます。
遅行線は下抜けをしたままで、先行スパン3もレジスタンスとなりやすいので、強めのイメージは抱けません。
日中は戻り売りの展開となりそうですが、下を攻めてきたときに基準線がサポートになるかどうかは注目です。
130.30を守れなければ、調整が進んでいきそうです。


当ブログと同じチャートが使えます。
設定方法から売買方法まで書いてます。
こちら詳しくはコチラから




hiyoko16_20101109055548.gifにほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村




1時間足見解は一番下にあります。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

当ブログ過去アクセスが多い記事です。

スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


未来を暗示する線

しかし色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の実績で証明されている11000pips以上も実績の売買シグナルもあります。
日足であれば、朝に1日1回だけチェックすれば終わりです。
もちろん<完全無料で見ることができます。
こちら詳しい記事はコチラから
最強の売買シグナル


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
※必見!! フィボナッチの引き方


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

1時間足はトレードできるチャートにありません。
チャートの形が整えばアップしたいと思いますが、朝の時間で見る限りは日中は様子見が正解だと見ています。


ECBが緩和策を継続を表明し、指標がよかったことからダウは続伸しました。
無制限の短期資金供給策を3月まで続けることを表明し、実質的の出口戦略を先延ばしを決めたことになります。
この事から、短期的なショートポジションの解消につながっていますが、逆に考えれば長期的には、いち早く出口戦略を表明してユーロが買われてきたわけですから、ショートカバーが終われば不安要素が再度指摘されてくる事が考えられます。



かなり、更新のモチベーションが下がってきています。
こちら応援ポチっお願いします。






お花バナー



2010-12-03 06:26 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: