ポンド円  火曜日の展開を具体的なレートで見る

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(3年目以降)へ
にほんブログ村  
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

記事内レートは終値で見ています。


三京証券[OKT FX]のポンド円日足線形回帰トレンドです。
101123pondsenkei.jpg
↑クリックで拡大できます。


ポンド円日足は、昨日のブログでは『短期線形回帰トレンドも+2σ付近に接近していて、少し上値が重い展開が予想されます。』とかきましたが夜に入って上値が重い事を確認されると急落をしました。
+1σ(黄色いライン)をきるとミドルラインまで押してもおかしくない形となっています。

ウルトラチャートは三京証券[OKT FX]の口座開設で見ることができます。
こちら詳しくはコチラから
三京証券[OKT FX]


メタトレーダー4のポンド円日足です。
101123pond.jpg
↑クリックで拡大できます。

遅行線が雲上限に吸い込まれてしまうと、厄介な展開になりそうです。
132.80以上で引けないと堅調な展開を保てないと、昨日指摘していましたが、本日は133辺りまでハードルは上がっています。
131lowあたりを強弱分岐点と見ていますが、これは10日と18日にたった大きめの陽線の影響がおおきく、実際はもう少し上のレベルで推移していきたいところです。
日足レベルで、本日大きめの陽線が立てば、強い足型になりそうですが、先行スパン3を切っていくようだと調整が深まっていきそうです。

メタトレーダー4のポンド円4時間足です。
101123pon4h.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円4時間足は、10月25日からのトレンドラインがより意識されやすい展開となりそうです。
ここを抜けると、下の緑のライン・雲下限といったところになりそうです。
特に雲下限はダブルトップをつけた形のネックラインからの目標値となっていて、トレンドラインを切れば、一気にこのレベルを試しに来るのかもしれません。
本日の強弱分岐点は、時間と共にゆっくりと切り上がっていきますが、133.20レベルにあり、ここを越せない限りは堅調な展開に戻れません。
サポートは132.80前後にあり、ここ切って頭を抑えられると調整が進みそうです。


当ブログと同じチャートが使えます。
設定方法から売買方法まで書いてます。
こちら詳しくはコチラから




hiyoko16_20101109055548.gifにほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村




1時間足見解は一番下にあります。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

当ブログ過去アクセスが多い記事です。

スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


未来を暗示する線

しかし色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の実績で証明されている11000pips以上も実績の売買シグナルもあります。
日足であれば、朝に1日1回だけチェックすれば終わりです。
もちろん<完全無料で見ることができます。
こちら詳しい記事はコチラから
最強の売買シグナル


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
※必見!! フィボナッチの引き方


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

メタトレーダー4のポンド円1時間足です。
101123pon1h.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円1時間足は、昨日の朝に『金曜日の133.70付近に現在は基準線があり、ここはレジスタンスとなりやすいかもしれません。・・・短期的には、一旦は先行スパン3を試しに行く形にも見え、追っかけの買いだけは避けたい雰囲気です。』と書きました。
レジスタンスを抜けた事により一気に下を試しに行き、先行スパン3を下抜けてしまい、トレンドラインまで押してしまいました。
遅行線と雲が先行スパン3を下抜けてしまえば、一気に相場の雰囲気は暗転します。
一度は先行スパン3を試しに上昇していく場面も見られるかもしれませんが、形としてはかなり弱い形です。
昨晩の19時から朝の2時まで陰線が続いたために、サポレジがあてにならなりませんが、133.20は強弱の分岐点と見て間違いなさそうです。
また、トレンドラインを切った時は、4時間でも指摘した通りダブルトップの目標値である131.90前後のレートも頭に入れておきたいところです。

当ブログと同じチャートが使えます。
設定方法から売買方法まで書いてます。
こちら詳しくはコチラから






関西の最後の朝は、昨日降っていた雨もあがり、部屋の窓から淡路島まできれいにみえています。
六甲の山並みも綺麗で、縦走してみたい気になりますね。
上からの景色はとても綺麗なのでしょう。
本日は、本邦市場が休場で、指標関係で注意したいのは夜の米中古住宅販売件数と日本時間明早朝のFОMCでしょうか。
日中はあまり動きがなく、夕方からユーロ関係のニュースに左右されそうなので、ゆっくりと構えていた方がいいのかもしれません。



かなり、更新のモチベーションが下がってきています。
こちら応援ポチっお願いします。






お花バナー




2010-11-23 07:32 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: