あたまを悩ませる問題を解決

そろそろ、あの嫌な季節がやってきましたw。
年間の利益が出た方は確定申告の時期です。

店頭FX(クリック365や大証FXと銘打っている業者以外)を使っている方は、年間の手数料やレバレッジを考えてやっているとは思いますが、利益が順調に出始めた方は、税金の事を考えればやはりクリック365が有利なのは明白です。

クリック365や大証FXでも、手数料も利益さえ出るようになれば経費として認めらるので実質的な手数料はゼロになるわけです。
問題はレバレッジですが、これも規制がかかり来年の夏には差がなくなる事から、優劣の差はなくなります。
『いや、まだ勝ってないから・・・・・。』と言う方も、負け続ける為に為替をやっているわけではないでしょう。
今年負けていても、来年からは勝てるようになるかもしれませんし、勝つために日々のトレードをされている事でしょう。
そうであれば、クリック365の業者に確定申告をしておき「損失繰越」を利用しましょう。
『繰越損越損』は、損を出した年の損失額をそれから3年間の利益と相殺できるというものです。

具体的な例として表にしてみました。

innvestzeikin.jpg
(※上記は一般的な例で年収によって差があります。)

FXの利益によって店頭FXを選ぶか、クリック365を選ぶかは選択の余地がありますが、将来に向けて利益を順調に重ねて行く気持ちがあるのなら、365の方が絶対にお勧めです。

もし、店頭FXを続けて行くにしても、確定申告だけはしなければなりません。
その時に役に立つのが『FX投資家の為の賢い税金の本』です。

この本はクリック365の確定申告だけでなく、店頭FXの事についても書かれています。
どういったケースが365が有利で、どういったケースが店頭FXが有利なのかもわかるようになります。
私も毎年確定申告をしていますが、知らなかった事やいままで損をしていた事などがわかりました。
来年の確定申告は、これ1冊で万全でしょう。


invastzeikin.jpg  序章    FXとは

  第一章   取引を始める前に押さえておきたい
          FXの税金

  第二章   税金の悪魔と天使

  と続き第六章の確定申告書の書き方をマスターしよう

  までしっかりと書かれています。
  


確定が必要か不必要か色々なケースを設定してわかりやすく説明されています。

case1 クリック365で15万円の利益、店頭FXで15万円の利益がありました。
それぞれの利益は合算できないし、20万円以下なので申告は不要でしょうか。

case4 サラリーマンは、給与所得から税金が源泉徴収されますが、FXで損した場合
納めた税金は戻ってくるのでしょうか?

case8 専業主婦です。FXの利益の他にパート収入がある場合、申告はどうしたらいいのですか。
パート収入は80万円、FX取引で35万円の利益がでています。


という風に色々な具体的なケースをあげて書いていますので、誰にでもわかりやすくなっています。

さらに、実際の確定申告書の記入例や給与源泉徴収や公的年金当の源泉徴収表の見方まで、実例をあげて説明されているので、非常に便利です。

今なら、この本が口座開設だけで完全無料で貰えます。
まして、今ならキャッシュバックキャンペーンやっています。
arrow42-020_20101119134054.gif 詳しくはこちらから
 「為替-オンライントレード-INV@ST」


少し、更新のモチベーションが下がってきています。
ブログ継続はみなさんの応援だけがエネルギーです。
なければ続けていくことはできません。
役に立ったならポチッっとお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします







お花バナー




2010-11-20 22:00 : インヴァスト : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: