ポンド円  水曜日の展開を具体的なレートで見る

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(3年目以降)へ
にほんブログ村  
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

記事内レートは終値で見ています。


メタトレーダー4のポンド円日足です。
101117pondmt.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円日足は、中期フィボの61.8で抑えられています。
132を保てれば、堅調な相場は継続していきそうですが、130が強弱分岐点となりそうです。



メタトレーダー4のポンド円4時間足です。
101117pon4hmt.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円4時間足は雲との乖離が大きすぎるのを昨日に指摘しましたが、やはり乖離を縮める展開となりました。
今まで、押しが入った場面でも遅行線は陰転を免れてきましたが、今回も、そこに注目しておきたいところです。
基準線も切っていきそうで、残るは先行線が雲との関係を陰転すると、いままでの堅調な雰囲気から、一気に調整をしていきそうです。
本日のこの時間足は注目しておきたいところです。
133が強弱分岐点となり、132.60で頭を抑えられれば調整継続となりそうです。


上記チャート設定とトレードレポートについて書きました。
一生懸命書いたので是非読んでいただきたいと思います。




hiyoko16_20101109055548.gifにほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村




1時間足見解は一番下にあります。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

当ブログ過去アクセスが多い記事です。

スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


未来を暗示する線


一目対等数値

共に学び共に考えるなんでもブログさんは時々更新を復活されたようです。
日柄については右にでるブログはないと思います。
勉強になるので見に行かれたら如何でしょうか。
人気ブログランキングへ←コチラからどうぞ、現在7位付近です。


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
※必見!! フィボナッチの引き方


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

メタトレーダー4のポンド円1時間足です。
101117pon41mt.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円1時間足は、三役が陰転してしまいました。
加えて先行線も先行スパン3との関係が陰転していき強い材料を探すのは難しそうです。
特に遅行線が雲下抜けをしてしまえば、相場は一気に冷え込みそうです。
レジスタンスは、急激に切り下がっていきますが132.50を超えることが出来なければ調整は続いていきそうです。



上記チャート設定とトレードレポートについて書きました。
一生懸命書いたので是非読んでいただきたいと思います。




しかし色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の実績で証明されている11000pips以上も実績の売買シグナルもあります。
日足であれば、朝に1日1回だけチェックすれば終わりです。
もちろん<完全無料で見ることができます。

こちら詳しい記事はコチラから
最強の売買シグナル


ポンドは、先週のインフレレポートで薄らいでいた追加緩和策ですが、キング総裁が緩和策施策に関して前向きな発言をしたことから大幅に売られました。
本日はBOEの議事録が公表され、失業率の発表も日本時間18時30分にあります。
注目度が高くなりそうです。
10月の消費者物価指数・住宅着工件数が22時30分にあります。
ここも注意が必要でしょう。



かなり、更新のモチベーションが下がってきています。
こちら応援ポチっお願いします。






お花バナー




2010-11-17 06:11 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: