ユロドルはクライマックスを迎えたか?

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋


(各市場の要点)

・欧米株式市場はやや上値が重たい展開となっています。欧州市場では金融株が増資関連リスクで売られました。スタンダードチャータードの株主割り当て増資から、その他の金融機関もバーゼル?をクリアするための増資懸念が出てきていますが、これはきっかけに過ぎず米国での追加金融緩和にやや懐疑的見方が出てきていることで、既に織り込み済みの株価下落懸念が台頭し始めてきたようです。一方米国株についてもマクロ指標である新規失業保険申請件数は予想以上の伸びだったことにもかかわらず、金融株を中心に売られる展開となっており、引けは買い戻しが入ったものの上値が重いという意識が強くなりつつあるのではないでしょうか。当面やや調整局面入りの可能性が高まりを見せてきています。

一方米国債券市場は下落しました。特に長期債が売られており全体的な金利低下もここにきて最終局面の様相を呈し始めました。また原油市場は反落しましたが、全体的に商品市場は底固い展開が続いています。

・外国為替市場では、引き続きドル売り圧力がかかっています。昨日はシンガポールドルが最高値をつけた段階でMAS(シンガポール通貨庁)がインフレ懸念から通貨バスケットのバンドを拡大し、事実上の切り上げをしたことでドル売りアジア通貨買いが入りました。そのためドルが欧州時間から全面安になりユーロドルも1.41台まで上昇しました。これは1.40台が重たいと見てショートが嵩んできたところでもあったためにイッキにシュートカバーが入り直近の高値を更新したとも見れます。当面ドルインデックスの下値目処である74.78レベルまであと2ポイント近くもありこれは、ユーロドルでみると1.45近くまでの上昇期待が出てきますがこのあたりはクライマックス的な買いになるかもしれません。本日は米国で小売り売上が発表されますので、この数字次第で相場は大きく変動する可能性があります。

ドル円相場も上述したシンガポールドル上昇から円も買われ一時80.88円まで買われました。介入に関してもやりにくい局面にあることから、円高トレンドはまだ継続中と見られます。介入についても80円台割れが一つの目処と見られるのではないでしょうか。

・日本株市場は円高の進行にもかかわらず買いが優っていました。特にテクニカルに見て日経平均も25日MAと5日MAを抜いてきたことで、主要銘柄を中心に買い戻しとも見られる動きが出て9500円を回復しての引けとなっています。当面は10月のSQ値9692.73円が目先の目標値であるためこのレベルを超えられるかどうかがポイントになります。しかし週末控えやNY株が重たくなってきていることなどから上値をトライは難しいのではないかと見ています。

(海外市場の動きについて)

欧米株市場はやや上値が重たい展開と見ています。欧州市場でも金融株を中心に売りが先行しています。スタンダードチャータード銀行の増資がきっかけとなり、英国などでは同じような主力銀行が増資を発表するのではないかとの懸念が台頭し売りが出ていました。しかし弱含みの最大の要因は米国市場の息切れ感などのではないでしょうか。ここ1カ月以上も金融緩和期待から上昇を続けていた株価は金融相場的な様相を呈していますが、これから段々と発表される米国企業の7?9月業績如何で業績相場にも移行できるわけですが、ここにきて金融機関の住宅差し押さえが制限されるなどから金融株が売られてきています。

しかし実際の相場の反転はきっかけとなる材料次第ですので、本日発表される9月の小売り売上げ(予想は0.4%増加)がそのきっかけになるのかもわかりません。またバーナンキFRB議長の講演も予定されており、このところ強めの金融緩和を唱えていたトーンが変化するのかどうかにも注目です。既に11月のFOMCでの緩和措置拡大は規定事実化されており、その規模について注目視されてきていますが、ここで景気回復の見通しに期待感を見せるような発言内容になれば、今までの上昇トレンドからイッキに下落する局面になることが懸念されます。市場はやや過剰に金融緩和を期待しすぎている可能性もありこのあたりでややブレーキをかける必要性が出てくるかもしれませんので、今日は注目のポイントとなります。またダウ工業30種平均も11000ドル近くにまで接近しており、4月高値の11250ドル台まではあと少しですので今の株価は高値圏にあると見て良いわけですから、売りで下押しの動きの方が大きくなると思います。

米国債券市場も反落しており特に長期債が売られています。10年債は再び2.5%台まで上昇しており、ほぼ追加緩和は織り込み済みと見られます。本日のマクロ指標発表やバーナンキ議長の発言に市場は注目しており、発言次第で変動率は高まるのではないでしょうか。

(外国為替市場の見方)

外国為替市場ではドルが売られる展開が続いています。昨日は欧州時間でシンガポールドルが大きく買われましたが、これは通貨バスケット制を取っているシンガポールインフレ懸念から、そのバンド幅を拡大したことをきっかけに買われました。シンガポールは実質的に自国通貨を切り上げたことになり、これに呼応するようにドル以外の通貨が買われたわけです。ユーロドルもイッキに1.40を超えショートカバーを巻き込む展開から1.41台まで買われました。現在は1.407台で推移していますが、ドルインデックス相場の下値目処が74.78レベルと見ていますので、現状のドルインデックスのレベル76.75レベルから後2ポイント近く下落することになりますので、その下落率と同じようにユーロドルも上昇すれば1.45ポイント近くまでの上昇期待が出てきます。もちろんこれは数字上のことですが、ユーロドルの上昇速度が速まっているだけに、イッキにこのレベルまで駆け上がる可能性がありますので、ある意味では上昇のクライマックスと見てもよいのではないでしょうか。

ドル円についても、シンガポールドル上昇と合わせて円が買われました。一時80.88円まで上昇しましたが、その後は81円台まで戻っています。介入に関しては80円を切るレベルまではないのではないかと見ています。しかし需給からみればそろそろドルの買い戻しが起こってもよい時期に差し掛かっていると見ていますので、もし更なる円高になっても、これが長期間継続することについては難しいと思います。さきほどのドルインデックスの下落レベルから円がどのあたりまで買われるのかを計算してみると79.50円をやや割り込むレベルになっています。いずれにしても本日は米国でのマクロ指標の発表とバーナンキ発言には注意が必要です。
 

以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

トラコミュ
ファンド・外資・仕手筋・仕手株の裏情報




ファンダメンタルズからテクニカルまで美人エニアグラミストのブログ『為替千里眼』です。
ありがちな女性ブログではなく、大変勉強になりますので見て損はないと思います。
人気ブログランキングへ コチラからどうぞ、現在62位付近です。


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから 人気ブログランキングへ

トラコミュ
FX必勝法はコチラです


スキャル時に勝率をあげる注文の出し方

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


三京証券[OKT FX]で使えるウルトラチャートポンド円週足の黄金比チャートです。
101015ponwp1.jpg
クリックで拡大できます。

週末という事もあり、来週からのトレードシナリオを考えておこうと週足チャートをペンタゴンチャートを使って見ていました。
三京証券の方では、このチャートを黄金比チャートと呼んでますが、実際はペンタゴンチャートです。
違うところがあるとすれば、基本五角形の角度が自由に設定できる事でしょうか。
前に三京証券に伺った時にも、頑なにペンタゴンチャートとは呼んでいらっしゃいませんでした、こだわりがあるのでしょう。
さて、肝心なチャートですが、色々な大きさの形のペンタゴンを描いてみたところ、このパターンが一番頂点を通過していて整合性がありそうです。
また、ペンタゴンが次にどの辺に繋がっていくかによって、相場の強弱がわかります。
赤い矢印につけば強気、緑が保ち合い、青を弱気で表わしています。
今回は直近が赤い方向についた事から、大きな下落は考えにくいとペンタゴンは教えてくれているのかも知れません。
ここ数週間にレジスタンスとサポートになっている青い水平のラインを回復する事が出来れば、保ち合い以上の環境が整いそうです。


三京証券[OKT FX]には、その他にもサキヨミチャート・売買シグナル系のシグナルティーチャーなどがあります。
詳しくはコチラから
三京証券[OKT FX]


↓売買シグナル系のシグナルティーチャーの詳しい記事はこちらから
一日一回のチェックで10000pips以上も勝っている方法



少し、更新のモチベーションが下がってきています。
ブログ継続はみなさんの応援だけがエネルギーです。
なければ続けていくことはできません。
役に立ったならポチッっとお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします







お花バナー




2010-10-15 17:25 : 宮地塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: