ユロドルの勝負処

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋


(各市場の要点)

・欧米株式市場は上昇の展開となりました。欧州市場は大幅反発になっています。米国の金融緩和期待や今まで発表された米国主要銘柄の業績が好調な様相を呈しており、出来高も活発な展開となっています。米国市場も緩和期待と企業業績期待で大きく上昇しています。今週は需給でもオプションなどのSQ週であること、さらに業績相場への期待感も出てきており、金融相場的な動きから業績相場的な動きに変わってきているような展開になりました。ダウ工業30種平均は11030ドル台の高値目処を超えた段階でショートカバーと見られる買いが増加しました。一時130ドル以上の上昇幅になりましたが、引けにかけては利食い売りに押されました。しかし引け値は11096ドルと当面の上値目処を大きく上抜けしたわけで、4月高値の11250ドル台を目指す展開も期待されています。

・外国為替市場では、引き続きドル売り圧力がかかっています。FOMC議事録の発表からのドル売りは継続しているようです。ユーロドルも買いが入り一時1.40台には乗ったもののその後は利食い売りに押されており現在は1.39台半ばで推移しています。本日も米国でのマクロ経済指標発表が予定されており、その指標でドル相場も一喜一憂の展開になりそうです。米株とドル金利さらにドルインデックスとの相関関係が強く、またヘッジファンドなどは11月決算を控えてポジションを閉めてくる可能性が高まっており、今までの動きからの変化の可能性には注意が必要でしょう。ユーロドルの上値は1.4台では重たくなっていることから、これを大きく上抜けすることができるのかどうかが注目ポイントと見ています。

ドル円相場は小動きの展開となっています。介入期待もあるわけですが、上述のヘッジファンドのポジション調整の可能性から、シカゴIMMの円買いポジションの偏りが大きく変化する可能性があることも逆に円を買いにくくなっていると見られます。したがってドルの売り圧力は続いていますが、新たな円買いには成りにくくなっていると思います。当面の下値は81.35円レベルでこれを割り込む円高の展開になるかどうか今週末までがポイントでしょうか。

・日本株市場は昨日上値の重たい展開になりました。特にメガバンクを中心に時価総額の大きなものが売られ、TOPIXの下げが目立ちました。しかし円相場が小動きになっている中では、株価は底固く推移して行くのではないのかと見ています。日経先物のレベルも9500円台は重く感じられていますが、欧米や新興国の株価に比較して日本株の出遅れが目立つようになっていることなど下値は固まっていると思いますので、円相場にもよりますが徐々に買いが増す展開になると見ています。日経平均先物は25日MAの9416円(昨日の夕場引けの段階)を夕場で上回ってきており、5日MAの9514円(昨日の夕場引けの段階)を本日上回って引ければトーンが変わっていくのではないでしょうか。

(海外市場の動きについて)

欧米株市場は大きく上昇してきています。特に欧州市場は大きく反発しての引けとなっています。これは米国市場での上昇が大きな要因となっており、特に追加金融緩和期待とアルコア、インテルやJPモルガンなど今まで発表された米国主要銘柄の業績好調も買い要因になっています。いまのところソブリンリスクなどのネガティブな材料にはあまり反応していませんが、昨日も述べたように独連銀ウエーバー総裁の債券買取りに否定的な発言や、ECBが出口戦略に変化を見せていないことなどは、ネガティブな材料として存在しています。このところ米国市場をあまりにも反映した展開となっていることもあり、米国株市場が高値をつけたと確認されたならば、欧州市場も調整局面に入ると見ています。そろそろこの変化が起こる期間に入ってきているのではないでしょうか。

米国株市場は金融相場から業績相場への移行がスムーズにいくのかにかかっていると思います。FRBの追加金融緩和期待は既に株価には織り込んでおり、業績発表の段階で来期の見通しに不安感が広がってくれば、調整の動きになってくると思います。いずれにしても天井圏を形成中ではないかと見ています。

ダウ工業30種平均は11030ドルの当面の高値目処を大きく超えて引けました。その結果出来高も盛り上がっており、指数としては4月の高値11250ドル台を目指しての展開が続いていると見ています。ただした高値を取っていく過程でショートカバーも相当に入ってきており、いったん高値圏と見られれば調整局面入りが濃厚となります。ただしこの調整が値幅を伴うのか、値幅はあまりなく日柄重視なのかは今のところ解りません。11月の中間選挙で共和党が躍進し、ややウォールストリートよりの政策が取られるようになれば、次の上昇過程になりやすいと見られますので、調整場面があるとしてもそう長くはないと思います。

米国債券市場ですが、引けは小高くなっていますが、ザラバ中はやや軟調な展開になっていました。追加金融緩和期待についてはほぼ織り込んでおり、また10年債の入札はやや重たくなっていたようです。商品市場は堅調な展開で原油、金相場も高くなっています。

(外国為替市場の見方)

外国為替市場では引き続きドルが売られる展開になっています。追加の金融緩和からドル金利の低下期待でドルが売られていますが、当面この要因はほぼ織り込んで来ているのではないかと見られます。またドル下落は6月からほぼ4カ月のトレンドで続いており、ヘッジファンドなどの短期投機筋のポジションは11月の決算期を前にそろそろそのポジションを閉める動きが出てきてもおかしくはないと思います。ただし二段波動から見れば、その下値目処は74.78レベルとまだ現状よりも2.5ポイント以上下落余地が残っていますので、その前に大きなドルインデックスの下落があるのかもしれません。

ユーロドルについても1.4台が重たくなってきています。ユーロ買いの動きは続くとは見られますが、株価と金利、ユーロドルの相場に相関が強いことから、ダウ工業30種平均で見て4月の高値まであと250ドル以上残っているためもう少しドル安ユーロ高が続く可能性はあります。当面の上値目処は1.4038レベルですが、このレベルを上に抜けても1.4046レベルが上値目処になっています。このように1.4台のキープはやや重たいのかもしれません。

 

以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

トラコミュ
ファンド・外資・仕手筋・仕手株の裏情報




ファンダメンタルズからテクニカルまで美人エニアグラミストのブログ『為替千里眼』です。
ありがちな女性ブログではなく、大変勉強になりますので見て損はないと思います。
人気ブログランキングへ コチラからどうぞ、現在62位付近です。


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから 人気ブログランキングへ

トラコミュ
FX必勝法はコチラです


スキャル時に勝率をあげる注文の出し方

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


三京証券[OKT FX]で使えるウルトラチャートドル円日足です。
1014$yenokt.jpg

一目値幅論で出した計算値を掲載しておきます。
N値、V値と突破してE値の80.79まであと少しです。
N値を突破する時もかなり揉んでいるのが青いゾーンでわかります。
V値の時は、一旦大きく反発しています。
今回のE値でも、なんらかの変化が見られるかもしれませんので、ここは注目をしておかなければなりません。

ウルトラチャートなら、クリック操作だけで簡単に表示する事ができます。
その他に、波動・基本数値・対等数値もクリック操作だけで表示する事ができます。
私も相場の強さの指標として見ている、先行スパン3も簡単に表示でき、遅行線も三本まで同時に簡単な設定だけで表示する事ができます。
一目を使うなら、このチャートに敵うものはないでしょう。


その他にもサキヨミチャート・売買シグナル系のシグナルティーチャーなどがあります。
詳しくはコチラから
三京証券[OKT FX]


シグナルティーチャーの詳しい記事はこちらから
一日一回のチェックで10000pips以上も勝っている方法



少し、更新のモチベーションが下がってきています。
ブログ継続はみなさんの応援だけがエネルギーです。
なければ続けていくことはできません。
役に立ったならポチッっとお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします







お花バナー







2010-10-14 18:16 : 宮地塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: