今週の相場の見方

今月末に宮地先生が二段波動のセミナーを開催されるそうです。
二段波動とは、武田 惟精先生が考案された投資手法で、波動で相場を読み解く投資理論です。
本も「六甲伝」と「二段波動理論」で読み解く投資の極意と言う事で出版されています。
その武田先生の直弟子である、宮地先生が二段波動の極意を一般の方に伝授しようとするセミナーです。
詳細は、まだ決まっていませんが、人数限定のセミナーで、宮地塾生徒が優先にはなりそうですが、開催場所によっては人数に余裕がありそうなので詳細が決まればお知らせしたいと思います。
また、当ブログ右下にあるメールフォームからお問い合わせ頂ければ、詳細決定後すぐにお返事出来ると思います。



更新の励みになります。
ポチっと応援お願いします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋


今週の見方(10/04~10/08)

(今週の欧米市場について)

欧米株式市場については引き続き底固く推移すると見ていますが、欧州株市場については、アイルランドやポルトガルの重債務問題が根底にある中でソブリンリスクは引き続き株価のネガティブな材料となっています。しかし米国市場の強さを背景に欧州市場でもしっかりの展開となっており、米国市場次第の動きは変わらないでしょう。今週は英国中銀、ECB共に政策金利の決定会合があります。この中では英国が金融緩和の動きがあるものの、ECBは金融政策に変化はないと見られます。一方米国市場では今週もマクロ経済指標が相次いで出されます。特に一番の数字は週末に米国9月の雇用統計が出されることです。またそれに先立ちISMの非製造業景況指数は2カ月ぶりの上昇が予想されていることや週末の雇用統計の数字も予想よりは良いものになる可能性もあります。いずれにせよその前に出てくる民間部門のADP雇用統計の数字が週末の雇用統計の先行指数として注目されます。

また米国株式市場においては、引き続き景気減速懸念からの追加金融緩和を織り込む形で上昇を続けています。需給については海外からの買いが引き続き入ってきており特にアジアからとカリブなどのオフショアの買いが増加してきています。ダウ工業30種平均は8月高値の10719ドルを抜いて10900ドルを示現しており現在も上昇傾向となっています。二段波動による上値目処である11043ドルを目指す動きとなっており、またこのレベルは5年MAとも重なる重要なポイントになります。しかしマクロ経済指標は徐々にではあるけれど、回復軌道に乗っていることを考える時FRBが追加の金融緩和をやるのかどうかは、まだマクロ指標を見ないとわからないと思います。もし好調と判断されるマクロ経済指標が出てくれば、いったんは相場の転換点が来るのだと見ています。ダウ工業30種平均のレンジとしては11040?10620ドルレベルを予想します。

一方米国債券市場は強含みに推移していますが、FRBの追加金融緩和の見通しが薄れてきた場合の大きな下押しによる調整が起きるのではないかと見ています。また商品相場は需給のタイト化と共に引き続き堅調な推移をするのではないでしょうか。

(今週の外国為替市場の見方)

ドルインデックスは先週も大きく下落して、78.22ポイントレベルの下値目処まできました。これはドルが他通貨に対して売られる展開が続いています。特に追加金融緩和の動きの思惑からほぼ相場に織り込みつつあるように見えます。ただし中期的に見ると二段波動での下値目処は74.90ポイントレベルまでの下落を見ています。この動きの中でユーロドルは大きく上昇しています。ソブリンリスクはあるものの、それを上回るようなドルショートの動きが見られています。ただしほぼ相場には織り込んで来ていると見られることから、早晩短い調整があるのではないかと見られます。ユーロドルの上値は1.4015レベルですが当面は1.3889レベルが上値目処と見られます。したがって今週にレンジとしては1.4015?1.3505レベルと予想しています。

ドル円相場については、今週も引き続き介入警戒感が強い展開になると見られます。また週初に日銀の政策金利決定会合で日銀がこれからの金融政策をどうするのか、金利引き下げと共に、国債買い入れの増加などの積極的な動きを見せなければドル円は介入前のレベルである82.88円レベルを割り込む可能性が出てきています。また介入のレベルについては82円台に入ってくれば、さらに大規模介入をやらなければ今度はイッキに円高に行きやすい地合いになる可能性があります。欧米の金融当局からの水面下での介入に対するプレッシャーがある限りは、大規模介入ができにくい地合いにあると見ていますので、早晩80円台までの下落があるのではないでしょうか。二段波動での下値目処は77.75円レベルとなっています。今週のレンジとしては、84.90?81.75円レベルと予想します。
 

以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

以下省略

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付




*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


トラコミュ
FXポンド円予想



テクニカルを詳しく勉強したいならこのブログがお勧めです。
維新の介のテクニカル分析講座さんのテクニカル各種をわかりやすく説明されていらっしゃいます。
人気ブログランキングへ←コチラからどうぞ、現在42位付近です。


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
FX必勝法はコチラです


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


少し、更新のモチベーションが下がってきています。
ブログ継続はみなさんの応援だけがエネルギーです。
なければ続けていくことはできません。
役に立ったならポチッっとお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします

ポンド円村



お花バナー



2010-10-04 17:03 : 宮地塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: