木曜日の相場の見方


更新の励みになります。
ポチっと応援お願いします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋


欧米株式市場はやや軟調気味の展開となっています。欧州株市場については、昨日もこのブログで指摘したようにソブリンリスク懸念が強まってきつつあり、総じて軟調な展開となりました。特にアイルランドの金融機関の先行きを懸念する動きで金融株が総じて軟調な展開となっています。一方米国株市場ですが、昨日は寄り付きの下落から一時プラス圏になる場面も見られましたが、方向感のない展開のなかを月末控えで利食い売りが強まってきたようです。ダウ工業30種平均も上下に方向感は乏しい展開となっていましたが、10800ドル台をキープしての展開となっています。本日はバーナンキFRB議長の議会証言が予定されており、この発言があらゆる相場に大きな影響を与えるのではと見ています。

・外国為替市場では、引き続きドルインデックスが下落しました。78ポイント台まで売られており、当面の下値目処の78.20レベルまで近づいてきています。またこのところのドル安は追加の金融緩和措置を期待した足元金利低下予想からドルは弱含みに推移していますが、本日のバーナンキ議長の議会発言が注目されています。転換点となるかもしれません。ユーロドルの上値目処は1.3625レベルですが、このレベルを突破してはいるものの、やや買われすぎのような気もしています。

ドル円相場は多少の変動はあるものの全体としては小動きの展開になっています。本日発表される為替介入実施状況が注目されており、今後の政府・日銀の介入レベルや規模を予想する上での重要な発表と見られています。また本日は9月中間期末なので、やや押し上げ的な介入期待も引き続きあるようです。

・日本株市場は、引き続き上値の重たい展開になっています。しかしドル円相場次第では大きく上下する動きに変化はなく本日もドル円相場に左右される展開が続きそうです。また本日は9月中間期末ということで、ドレッシング的な買いも期待できますので底固い展開になるのではないでしょうか。また日経先物も9500円台で推移しており、引き続き9500円レベルを意識した展開が予想できます。ドル円の介入があれば9600円台から9700円台に向かう可能性もあります。

(海外市場の動きについて)

欧米株市場はやや軟調な展開になってきています。特にソブリンリスク懸念のある中で地合いは悪くなっており、またスペインの格付けを今週中に引き下げる予想から金融株などにも売りが出ています。また10月以降は旧東欧諸国などの借り換え懸念も出てくることから株式市場も引き続き弱含みの展開が続くと見ています。一方米国株市場ですが、来月からは四半期ベースの業績発表が出てくることで金融相場的な株価押し上げも一服状態となっていくものと見ています。本日はバーナンキFRB議長の議会発言が予定されています。この中で金融緩和について市場の先行を抑えるような発言が出てくれば、株価の下落の転換点となる可能性もあります。ダウ工業30種平均の上値目処は11030ドルレベルになっていますが、やや金融相場的になってきているだけに、いったんは利食いが先行して業績発表を待つ展開になっていくのではないでしょうか。

一方債券市場の方ですが、昨日は利食いで反落の展開となりました。これはフィラデルフィア連銀のブロッサー総裁が景気回復ペースは減速しているが、追加金融緩和措置は必要ないという発言について反応したようです。やや追加金融緩和を先取りしたような動きに対する利食いの動きが出てきたことから、当面は更なるマクロ経済指標を待つ展開となってくる動きなのではないでしょうか。いずれにしても本日のバーナンキ議長の発言が重要なポイントとなっています。

(外国為替市場の見方)

外国為替市場ではドルインデックスが大きく下落していますが、上述しているように当面下値目処である78.20レベルに近付いてきていることは、最近のユーロドルの上昇にも一服感が出てくるかもしれません。昨日ユーロドルは直近の高値目処1.3625レベルを上回り1.364 台まで上昇しましたが、その後は高値目処の1.3625レベルで推移しており、やや上値が重たくなってきているのかもしれません。

さらに本日はバーナンキ議長の議会での発言で追加の金融緩和措置に対する新たなコメントを期待している向きもあり、現状での市場の先行に対してやや否定的な発言をすれば、大きくユーロドルは売られる可能性もあります。次の上値目処については1.4台まで大きなものがないだけにイッキに上昇する可能性も出てきているだけに、やや神経質になっていると見ています。当面の上値目処は1.3889レベルまでは大きなものはありません。また下値についてはバーナンキ発言がドル金利低下に弱含みのものとなった場合は、ドルが買い戻される可能性がありますので、イッキに1.355レベル近くまで下落する可能性もあります。

ドル円相場については、本日は9月中間期末ということもあり押し上げ的な介入の期待はあります。ただしここ2日間の動きを見ていると円売りが止まったらすぐに逆の動きで押し下げられていることから、大きく押し上げる介入に対しては懐疑的な見方も多いと思います。もしバーナンキ議長の発言がドルのショートカバーを促すようなものになれば、介入との相乗効果も期待できます。しかし上述したように本日は日本時間午後7時に介入実施状況が発表されますので、投機筋もこの発表を見てから動きだす可能性が強いことから、本日日本時間での介入については効果があるのではないでしょうか。しかしアジア筋からの実需の円買いには注意が必要でしょう。
 

以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

以下省略

↓入会詳細はこちらからです。
宮地塾会員登録



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


トラコミュ
本日の押し目買い手法公開!



テクニカルを詳しく勉強したいならこのブログがお勧めです。
維新の介のテクニカル分析講座さんのテクニカル各種をわかりやすく説明されていらっしゃいます。
人気ブログランキングへ←コチラからどうぞ、現在42位付近です。


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
FX必勝法はコチラです


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


少し、更新のモチベーションが下がってきています。
ブログ継続はみなさんの応援だけがエネルギーです。
なければ続けていくことはできません。
役に立ったならポチッっとお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします

ポンド円村




ポンド円人気




2010-09-30 22:36 : 宮地塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: