ポンド円 月曜日のこれから

すこし、読む前にご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
更新の励みになります。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

記事内レートは全て終値で見ています。

アイネット証券の口座開設で完全無料で使えるアイネットトレーダーのポンド円日足です。
100815pondinet_20100815180720.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円は週末に戻しましたが、今のところ中立より少し弱めな位置で終わっています。
135にレジスタンスがあり、ここを抜けて行けるかどうかに掛かっています。
今のところ、日足雲下限には強いサポートが見て取れていますが、ここを切ると一気に弱気転換は免れません。
136.70以上に押し上げていくことが出来れば、堅調な推移に持っていけそうです。
黒枠内で遅行線が推移している事、先行スパン3より未だ下で推移していることから、強気には攻めていけませんが、好転の手掛りは掴んだ様子です。
まずは、最低限基準線は抜けていきたい所です。

アイネット証券の口座開設で完全無料で使えるアイネットトレーダーのポンド円4時間足です。
100815pon4hinet.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円4時間足は、金曜日16時の大きめの陰線が133.40レベルを守れたことから、再度下落を免れました。
現在、基準線と先行スパン3に挟まれて、方向性が分かりにくい展開となっています。
現在、基準線あたりはレジスンスとして強いものがありますが、遅行線のすぐ上にある、雲も切り上がっていくことから、レジスタンスとしては時間と共に弱まっていきますので、東京時間を過ぎてからは、少し軽くなるものと見ています。
サポートしては134付近にありますが、これはサポートとしては、少し弱い状況で、ここを切ると調整モードは避けられない展開になりそうです。

1時間足見解は一番下にあります。


アイネットトレーダーは一目均衡表のカスタマイズが簡単にできます。
口座開設で完全無料で使えることができます。

佐々木英信先生の名著『一目均衡表の研究』をアイネットFXさんとのタイアップ企画で無料プレゼント中です。


↓詳しくはコチラから



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の成績で優秀な売買シグナルもあります。
もちろん<完全無料で見ることができます。
一日一回のチェックで10000pips勝っている方法

トラコミュ
※週明けのドル円について


共に学び共に考えるなんでもブログさんは時々更新を復活されたようです。
日柄については右にでるブログはないと思います。
勉強になるので見に行かれたら如何でしょうか。
人気ブログランキングへ←コチラからどうぞ、現在7位付近です。


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←


アイネット証券の口座開設で完全無料で使えるアイネットトレーダーのポンド円1時間足です。
100815pon1hinet.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円1時間足は、他の時間足に比べて堅調になっています。
サポートは、134.20付近にあります。
徐々に切り上がっていきますが、ここのレベルを守れれば保ち合い以上の展開で推移できます。
134.60レベルを越していければ、更に堅調になっていくことでできそうです。
しかし、青いゾーンを早い時間に越していくことになれば過熱感も出てきますので、すこしゆっくりと押し上げていくほうが堅調な相場を長続きさせることができそうです。
134を切ると調整は深くなりそうなので、ここは是非とも守りたいレベルです。


役に立ったならポチッっとお願いします。
更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします






お花バナー




2010-08-16 06:00 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: