ポンド円  水曜日のロンドン時間のこれから


更新の励みになります。
ポチっと応援お願いします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

記事内レートは各時間足共に終値で見ています。

日足見解は変わっていません、136円の攻防と見ています。


メタトレーダー4のポンド円4時間足です。
100804pon4hmt41.jpg
↑クリックで拡大されます。

4時間足は、朝指摘していた136.30を切った事から一気に下値を探る展開となりましたが基準線に支えられた格好でなんとか弱気転換は避けられたようです。
現状としては先行線、遅行線とも実勢レベルと絡み合い、方向性のわかりにくい相場である事は間違いありません。
先行線が雲侵入を果たした事から、回復するには雲を抜けだす動きをしなければならないでしょう。
136.30辺りを越せて終値をつけていかない限り、保ち合い以上の相場に持ち込めませんが、徐々にレジスタンスとして固くなっていきますので、早急に回復したいところです。
現在、遅行線が実勢レベルと絡んでいますが、大きく下抜けをしにくい所、ローソクが雲に吸い込まれていない事が、今のところ明るい材料と言えそうです。
またチャートを見ての通り、ダブルトップになりやすい形になっていますので、フォーメーションにも注意しましょう。


1時間足の見解は一番下にあります。

一目均衡表やRCIやRSIなどのインジケーターをMT4でバックテストするならMTFXが便利です。
理論を作ってプログラミングの知識なしにバックテストができます。
口座開設だけで、このeaジェネレーター無料で使用出来ます。

詳細はこちらから


eaジェネレーターの詳しい使い方はこちらから
インジケーターのパフォーマンスを知る

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

当ブログ限定のお得なお知らせです。


一目均衡表の研究一目均衡表の研究
(1996/11/30)
佐々木 英信

商品詳細を見る


『一目均衡表の研究』を期間限定無料プレゼント中です。


日本経済新聞のアナリスト人気ランキングのテクニカルアナリスト部門で、1995年から2003年まで9年連続で1位だった佐々木英信先生が執筆された『一目均衡表の研究』をアイネットFXさんのご好意で口座開設及び入金のみでプレゼントして頂けることになりました。
タイアップの話を頂いたときに本の選択にはすこしの迷いもありませんでした。
自分自身のトレードの根底に流れるものは一目均衡表です。
一目均衡表の奥は深く、わかったつもりになっていても、なかなか理解できるものではありません。
トレードが不調になったときには、必ず何度も何度も読み返しています。
その度に、新たな発見をさせてくれるのがこの『一目均衡表の研究』なのです。
是非、みなさんもこの機会に手にとって読んで頂ければ幸いです。

↓お申込みはコチラから


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の成績で優秀な売買シグナルもあります。
もちろん<完全無料で見ることができます。
一日一回のチェックで10000pips勝っている方法

にほんブログ村
トラコミュ
ポンド円!ドル円!明日の相場動向


共に学び共に考えるなんでもブログさんは時々更新を復活されたようです。
日柄については右にでるブログはないと思います。
勉強になるので、是非、チャートを用意して見に行かれたらいいと思います。
人気ブログランキングへ←コチラからどうぞ、現在9位付近です。


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←



一時間足の見解です。


メタトレーダー4のポンド円1時間足です。
100804pon1hmt4.jpg
↑クリックで拡大されます。

1時間足では、朝のブログに『136.80レベルに頭を押さえられるようになると、かなり弱い展開になりそうです。』と書きましたが、朝の8時の陽線、9時の陰線が越せない事によって一気に下落しました。
今のところ、先行スパン3に辛うじて支えられていますが、終値でここを切ると一気に相場は下支えを失います。
一昨日23時高値から、昨日15時ころの先行線が雲抜けのチャレンジを失敗したのが、1時間足では相場を冷やす原因となったようです。
先行線と遅行線がDCした事、基準線が明らかに下向きになった事で、弱含みになった事は否めません。
現在の時間136.50レベルに強めのレジスタンスを作りつつありますので、早急にここを回復しなければ、保ち合い以上の相場に持ち込めません。
徐々に切り下がっては行きますが136.30レベルに頭を押さえられるようになれば、下げの加速は止まらなくなりそうです。
気になっているのは、ひげを含めればそうでもないのですが、ローソク足実態は小動きになっていますので、重要指標を控えて売り方買い方の思惑が拮抗しているのかもしれません。


本日の夜に宮地先生のブログもアップしますが、その中にADPはかなり重要な指標であると指摘があります。
その中でドル円の大きなオプションの事も指摘されていますので、内容は夜にお確かめください。
また、出所は別ですが、ポンドルも1.5970ドルにストップロスの買い観測もあるようです。
そういった大人の事情があるようなので、翻弄されないようにしたいものです。


役に立ったならポチッっとお願いします。
更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2010-08-04 16:22 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: