ドル円  来週の展開

読む前に少しだけ協力のポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

こちら応援ポチっお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



Foreland ForexのDRV分析チャートのドル円日足です。
0430$yenhigara.jpg
クリックで拡大できます。


先週日柄記事は、『33日での対等数値の推移が難しくなり、日柄は違うリズムでの変化を考えなければなりません。』と書いていますが、3月14日からの33日目では抵抗を見せたものの、やはり日柄による反転などの大きな変化は見せることができませんでした。

先週の記事はコチラから→ドル円  来週の展開

さてこうなると次の変化日となると前回の日柄変化日から数えて42日目の5月10日が至近の変化日候補となり、この日は4月6日高値から25日目で基本数値の近似値でもあります。
次の候補日となると、52日の近似値の51日目が、4月6日高値からの33日目とも重なり5月20日も、かなり強い日柄としてあげられます。
通常であれば、変化日候補を絞るのですが、波動がハッキリしておらず特定が出来にくい状況と成っています。
それでも直近で考えて見れば水曜日と木曜日の日足が陽の孕みとなったものの、金曜日に下抜けしてしまったことから、現在は強い下げ圧力があるものと思われます。
また気になる価格帯としては、80.24レベルが3月17日の最安値から4月6日の高値までのちょうど50%戻しとなっています。
ここを下抜けしてしまえば、支えるもがなくなるので注意したい位置です。


フォレックストレードがクリック証券と合併するために、いつも日柄記事で使ってる便利なチャートはForeland Forexだけの機能となりました。
DRV分析チャートはForeland Forexの口座開設で使えます。
詳しくはコチラから。


フォーランドフォレックスにの注文はトレーダーに有利な注文方法があります。
その注文方法とは→
勝てるオーダーの出し方



トラコミュ
ドル円 トレンドを予測!


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円
有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ


一日一度朝にチェックするだけで11617pips獲得する方法

トラコミュ
※週明けのドル円について



今週は2日にISM非鉄製造業、6日は4月雇用統計があります。
ここで緩やかな景気回復が証明されれば、ドルが強含みの展開となりそうです。
しかし、本邦企業は連休に入る為、輸出企業の実需によるドル買いが少なくなり、ドルの需要が少なくなると考えられます。
また、政府筋の対応も遅くなることから、介入が入りにくい状況と見られれば、一気に売り込まれる展開も考えられるので円高に振れやすい環境であることを頭に入れておきたいものです。
再来週に米国債の入札も控えており、売り方としては動き辛くなる為に、今週にこういった動きが出やすいとみています。


こちら応援のポチをお願いします
ポンド円村




お花バナー







2011-04-30 21:08 : ドル円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ドル円  円高の流れは変わるか?

ゴールデンウイークも始まりました。
如何お過ごしでしょうか。
高速道路も渋滞が各所で起こっているようです。
風評被害で、激減していた観光客も戻りつつあるとの事です。
被災地の応援は自粛と寄付だけではないはずです。
出来る事をなるべく長く続けたいものです。


日柄のリズムが崩れているように思えてなりません。
少し長期的な相場の流れを見ておきたいと思います。

アイネット証券の口座開設で完全無料で使えるi-NET TRADERのドル円週足です。
0430$yenw1.jpg
クリックで拡大できます。

先々週のd点で抜けれるかどうか注目しましたが、上から来るトレンドラインと雲に阻まれて大きく調整しました。
それでも先週までは遅行線が陽転していましたので、値を崩さない限り堅調な推移をすると予想していましたが、再度陰転となり、かなり厳しい展開となりました。
週足先行スパンをみても、向きも雲との乖離幅も弱気相場を示しています。
a・b・cの地点も雲かトレンドラインによって調整を余儀なくされましたが、今回もどうなるのか注目です。
特に、反発を阻止された後に基準線を割り込むと大きな下落をしています。
先週は、この基準線で止まっておりますので、週足では、この位置を割り込むかどうかに注目です。

アイネット証券さんには無理を言って、佐々木英信先生の『一目均衡表の研究』を当ブログからの口座開設には無料でプレゼントして頂いております。

一目2    
   一目を勉強するには、最良の本だと思います。

   この本を読むか読まないかでは

   チャートの見方が違うと思います。

   値幅・波動・日柄がより深く理解できると思います。



こちら詳しくはコチラから




みなさんの応援だけが更新のモチベーションとなります。
こちら応援ポチっお願いします。
ポンド円村




お花バナー




2011-04-30 13:09 : ドル円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ポンド円  金曜日の展開と注目点


おはようございます。
読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

好評のオリジナルUSBプレゼントも本日までとなりました。
手にされてない方は、是非、この機会にお申込み下さい。
口座開設のみでプレゼント中です

USB1_20110331143249.png  オリジナルUSBプレゼント

トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←



記事内のレートは全て終値で見ています。



メタトレーダー4のポンド1時間足です。
0429pon1h.jpg
↑クリックで拡大できます。

本日から本邦市場は三連休となり、東京時間は動意薄の展開となりそうです。
現在は、昨日指摘していた135.85を切ったことから、一段下のレンジ内での推移しています。
さて本日ですが、強力なサポートは、先行スパン3でもあり、直近の高値安値の50%戻しが135.50付近にあり、ここを切れば一気に調整モードとなって行きそうです。
ここは、日足で見ても15日高値、18日安値の61.8%押しとなっており意識されるところになっていることがわかります。
上値は136辺りが徐々にレジスタンスができつつあり、ここを抜けていけるかどうかを注目しております。
日足で見ると、変形のダブルボトムになっております。
昨日高値の137をネックラインと見ると、ここで何度も跳ね返されると嫌な展開となっていきそうなので、堅調に推移するためには、すんなりと抜けていくことが重要です。



お取い合わせの多いサポレジの見方もこのレポートを見るとわかりやすくなります。
当ブログのチャートの設定方法から見方・売買方法まで書いている特別レポートプレゼント中です。

現在5000円のキャッシュバックキャンペーン中です。
こちら詳しくはコチラから




勝率をあげる注文の出し方 

色々と考えるのめんどくさいサインだけで勝ちたいという方はコチラから
終値で確定サインが出て動かないので信頼性の高い結果が出ています。

一日一度朝にチェックするだけで11617pips勝つ方法 



本日は日本市場が昭和の日でお休み、イギリスがロイヤルウエディングでお休みとなっていて動き辛い展開です。
夜はユーロの消費者物価指数が18時にあり、この近辺からマーケットは多少騒がしくなってくるかもしれません。
米国時間は、22時55分にミシガン大消費者信頼感指数が発表され注目しています。
毎年、ゴールデンウィークを境に、相場の雰囲気が変わることがよくあります。
5月はヘッジファンドの決算もありますし、特に本年は介入直後となっています。
日本が連休の為、日銀の介入がないとみると売り込んでくる可能性もありますので、この一週間のポジショニングは特に気をつけてください。


トラコミュ
本日の押し目買い手法公開!


1週間お届けした三春の滝桜も今日までの掲載とします。
ゴールデンウィーク直前ですので、誰か一人でもこの写真をみて、出かけるきっかけになればと思いはじめました。

火

震災前によく行っていたひたちなかの港の中に軒をつらねる新鮮な魚を食べさせるお店も営業を再開したらしいです。
原発問題での風評被害のため、なかなか再建への道は厳しいものと思われます。
寄付ももちろんいいことですが、安全だとされる地域へは直接行って、観光をする事が、現地の方に元気を与えられる一つの方法だと思います。
ゴールデンウイークに、一人でも多くの方に訪れていただきたいと思います。


みなさんの応援だけが更新のモチベーションとなります。
こちら応援ポチっお願いします。
ポンド円村




お花バナー





2011-04-29 12:01 : ポンド円 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

石割山リベンジ  後篇

おはようございます。
今日からゴールデンウィークです。
先日の石割山リベンジ  前篇の後編です。

平尾山の到着後の休憩です。

DSC04197.jpg

先ほどの石割山頂からよりも、少し富士山に近づきました。
ここからの景色も絶景です。
少し息を整えてからコーヒーでも沸かそうかと思っている内に、他のパーティーも到着し、その人たちはレジャーシートを広げ昼食の準備をし始めました。
これだけの絶景を見ながらの昼食はおいしいでしょう。
寝不足の私はベンチでウトウトしていると急にベンチが揺れ出しました。
?????と頭の中を駆け巡っていると、
昼食中のパーティーの誰かが
『地震だ!』『結構大きいぞ!』といっている声を聞いて、我に返りました。
しかしここは山頂で上から落ちてくるものもありませんし、何をすればいいか分かりません。
とりあえず、ベンチにしがみついていましたww。
他のパーティの方は家に電話したり、ラジオをきいたり大騒ぎです。
私は、する事も無く風も強くなってきたので、少し山陰に回って食事をする事にしました。


IMG_3186_20110417193757.jpg

下山をする方向を見ると、仲のよさそうなご夫婦がゆっくりと尾根部を気持ちよさそうに歩いています。
なんだか邪魔をするのも悪いかなと思いきびすを返し、関東ふれあいの道を降りていきました。

山が風を遮ってくれる様になると、ぽかぽか陽気で気持ちのいい道が続きます。
途中の休憩所で食事を摂ってゆっくりすると、猛烈な眠気が襲ってきましたので、ベンチでしばらく眠りました。
すこし風が冷たくなり、目が覚めたときには急いで降りないといけない時間となり
二度目の石割り山を後にしました。

ここは訪れるたびに富士に逢わせてくれる、大好きな山となりました。

車を止めた場所に戻ると夕焼けを雲を背にした富士山がとても綺麗でした。

DSC04256.jpg


この日は風が強く絶好の夜富士を撮る事ができるので、そのまま山中湖に泊まることにしました。


DSC04288.jpg

月夜に浮かぶ幻想的な富士を見ることができました。

昼も夜も富士と一緒にすごせた、いい休日となりました。

みなさんもいい休日となることを願っています。
最後までお付き合い有難うございました。


ブログランキングに参加しています。
応援のポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



2011-04-29 03:25 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

中期的な円安を見込む投資家

いつも、応援有難うございます。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


好評のオリジナルUSBプレゼントも今週金曜日までとなりました。
手にされてない方は、是非、この機会にお申込み下さい。
口座開設のみでプレゼント中です


USB1_20110331143249.png  オリジナルUSBプレゼント



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。


以下抜粋


・欧米株式市場は続伸の展開となりました。注目のFOMCの声明、さらにバーナンキ議長の会見もほぼ予想通りとなっています。このあと株式市場はさらに買われる展開となりました。これは株式市場にとっては、ポジティブであり、債券市場にとってもネガティブではありますが、FRBが米国の今年のGDP見通しを引き下げたことで、現在の異例の低金利はすくなくとも今年中は継続するであろうということを確認したことは、今後足元でのドル金利の急速な上昇を防いでいるということでは、ポジティブに捉えられています。

・外国為替市場では、FRBがGDPの予想見通しを引き下げたこと、超低金利のさらなる継続が確認されたことでドルが売られました。ユーロドルは上昇し1.47台半ばでの推移となっています。ここでの上値目処は1.4840レベルになります。今後はユーロの追加利上げを期待する動きが加速するかどうかが市場のポイントになると見られますが、ギリシャの債務再編が避けられないとの見方が増しており、ソブリンリスク懸念の増大はユーロ上昇の足かせとなっていますので、トレンドの変化に兆しも徐々に見られる野ではないでしょうか。

ドル円相場は81円台がサポートされ82円台へ推移してきています。本日の日本の政策金利決定会合で量的緩和拡大を期待する動きもありますが、今のところは6月との見方が多いようです。ただし日本が大型連休に入ることでドル円の需給が変化することも考えられ、円売りポジションの解消の動きには注意が必要でしょう。

・昨日の日本株市場は堅調な展開となりました。またNY株市場が堅調に推移したこともあり、本日の日本株市場もしっかりの展開が予想されますが、業績発表に左右される個別物色の域は出ないと思われ、また大型連休を控えており、さらに上値を追う展開にはなりにくいのではないでしょうか。

日経先物は9700円台に乗せてきていますが、本日の動きについては、上値を追う展開となるにしても、9800円台を固める動きとはならないのではないでしょうか。また後場に入ってからは利食い売りに押される展開を予想します。

(本日の主なスケジュール:時間は日本時間)
・08:30;日本の全国消費者物価指数(変わらずの予想)
・08:50;日本鉱工業生産指数速報(-10.6%予想)
・12:15ごろ;日本の政策金利決定会合結果(据え置き)
・15:30;白川日銀総裁の会見
・21:30;米国新規失業保険申請件数(39.5万件)
      米国第1四半期GDP速報値(+2.0%予想)
      ・個人消費(+2.0%)、コアPCEデフレータ(+1.4%)
・23:00;米国中古住宅販売保留(+1.5%)



ボリンジャーバンドを使って11727pips勝つ方法 

(海外市場の動きについて)

欧米株式市場は続伸となっています。この日はFOMCの結果と初めてのバーナンキ議長の会見が行われましたが、その内容はほぼ市場の予想された想定内のものになりました。ただし、FRBが今年のGDP予想を引き下げたことに対しては、QE2終了に際しての、ドル足元金利の急速な上昇に歯止めをかけるようなこともあるかもしれません。バーナンキ議長の会見での内容については、とくに問題になることはなく株式市場についてはポジティブな展開と市場はとらえているようです。

欧州市場についても、企業業績が好調なテクノロジー株などが買われる展開になってきています。更にFOMCの内容が発表されて上値をトライする展開になったようです。しかしギリシャの債務再編懸念、ポルトガルの財政赤字の悪化などソブリンリスク懸念は徐々に拡大してきており、次のECBの追加利上げに際しての大きな足かせにもなりそうです。

米国株市場も続伸の展開となりました。ダウ工業30種平均は一時12700ドル台に乗せ、引けも12690ドル台とほぼ高値圏となっています。また二段波動でみれば、当面の上値目処は12985ドルレベルになっており、今週後半から来週の雇用統計発表までに13000ドルに接近するような展開となるかも知れませんが、高値圏を推移してきていることは否定できないと見られ、今回の業績発表を織り込めば一旦調整局面に入る可能性は残っています。また5月はアノマリーとして非常に株式市場にとっては良くない月になっており、「Sell in May, and go away」という格言もあるくらいです。投資家は5月に株を利食って、10月に買うまでは何もしないというようなことが言われていますので、5月に入ってからの市場の変化には注意が必要ではないでしょうか。

昨日のFOMCの結果、またバーナンキ議長の会見内容は非常に相場を意識したように見えました。今実施している米国債の買い取り6000億ドルは予定通り6月には終了しますが、FRBの総資産は変化することなく、償還されるMBSや米国債はふたたび米国債に再投資することで緩和は継続すること、またインフレについては懸念していないこと、景気回復の足取りはまだまだ緩慢であり、異例の超金利政策はまだ継続することなどが明らかにされ、株式市場だけではなく、債券市場にとっても配慮されたような会見とみています。

昨日の米債券市場はQE2の終了と、株式市場が堅調に推移していることで、軟調な展開になっていますが、市場が昨日のFOMCの結果を受けて今後も軟調な展開が続くとは見ておらず、本格的な米景気回復が見られるまでは引き続き緩和傾向が続き、債券相場の足かせにはならないでしょう。また商品市場ですが、原油や金相場は上昇していますが、商品全体はやや軟調な展開となっています。


勝率をあげる注文の出し方 


今後の展開を有名ブロガーはどう見ているか?■ポンド円ブロガーの見解はコチラから→にほんブログ村 ポンド円
■有力ブロガーの見解はコチラから  →人気ブログランキングへ


okt1.jpg


(外国為替市場の見方)
外為市場はFOMCの結果を受けてドルが売られる展開となりました。ユーロドルはこのことから上昇し、1.47台半ばでの推移となっています。ユーロ金利については、6月にも追加の金利引き上げを見込んで、ユーロドルは引き続き上昇トレンドを継続していくようです。ただし欧州ではギリシャの債務再編懸念が高まりを見せており、ポルトガルなどの財政赤字拡大などもあり、欧州のソブリンリスク懸念はますます大きくなってきていると思いますので、トレンドの変化が近づいてきているようにも見えます。ユーロドルについては、当面の上値目処は1.4840レベルですが、おそらく1.50台に接近する可能性が大きくなっています。しかしこのレベルはすでに次のユーロ金利引き上げを織り込んだ状態と思いますので、ソブリンリスク懸念が破裂した後のトレンド変化には注意する必要があるでしょう。

ドル円相場についてですが、、昨日は81円台がサポートされる展開となり、82円台に乗せてきています。FOMCの結果が発表後にドルが売られたのちも82円台を割り込み、元に戻る展開にはならず82円台で推移していることは、中期的な円安を見込んでいる投資家がまだ多いようにも見えます。日本市場は今週末から大型連休に入るのですが、この期間の相場変動を嫌がる投資家はポジションを調整してくると思いますが、日本の個人投資家も休日期間中海外市場で売買が可能になってきており、昔のような大きなポジション調整の動きはなくなってきているかもしれません。今のところ当面の下値目処としては81.50円レベルとみていますが、これを割り込む展開となっても協調介入によるドルの買い支えがあると見ており、80円を割り込む展開とはなりにくく底固い展開が続くと見ています。



以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付



一日一度朝にチェックするだけで11617pips勝つ方法 



トラコミュ
FX必勝法はコチラです




みなさんの応援だけが更新のモチベーションとなります。
こちら応援ポチっお願いします。
ポンド円村




お花バナー





2011-04-28 20:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
ホーム  次のページ »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: