ポンド円  今年最終日の展開を見る

おはようございます。
本年も最終日となりました。
無事にブログを続けられたのも皆様の応援のお陰です。
読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。


にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村




クリック証券【FX】の口座開設で完全無料で見れるチャートゴールドです。
101231pondh.jpg
↑クリックで拡大できます。

今年高値が1月4日で150.707でしたが、1年かけて25円下落しました。
久しぶりの介入もありましたが、戻り売りが功を奏した一年だったことがわかります。
さて日柄的には変化日の有力候補であった23日にも戻りを試すこともできず下落していきました。
現在、11月18日を基点として考えればV値の125.66を達成したことになり、ここは9月17日を基点とするN値が125.62で、ほぼ重なっており昨日の下げで達成感は出ているものと思います。
しかし日柄は1月3日?4日辺りで迎えることになり、この日にISM製造業景況指数とFOMCの議事録発表もあり、この辺りで動くことが有力だと考えます。

チャートゴールドの機能の中の比較チャートです。
101231hikaku.jpg
クリックするとはっきりと見えます

緑のゾーンの6月あたりから相関関係がすっかり変わっているのがわかります。
ダウだけが強く、ポンドルも上昇のトレンドラインを切ってしまいました。
ドル円・ポンド円が弱く、注目すべきは、この二つの通貨に対して長期金利が少し先行して動いていることです。
顕著にその傾向が見れるのは、長期金利が8月末と10月初旬に上昇して、その後この通貨が上昇していくのがわかります。


チャートゴールドはクリック証券【FX】口座開設で完全無料で使うことができます。
こちら詳しくはコチラから
クリック証券


1時間足見解は一番下にあります。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

当ブログ過去アクセスが多い記事です。

スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


未来を暗示する線

しかし色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の実績で証明されている11000pips以上も実績の売買シグナルもあります。
日足であれば、朝に1日1回だけチェックすれば終わりです。
もちろん<完全無料で見ることができます。
こちら詳しい記事はコチラから
最強の売買シグナル


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
FX相場で生き残る秘訣


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

メタトレーダー4のポンド円1時間足です。
101231pon1h_20101231072632.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円1時間足は、誰が見ても下降トレンドはわかるのですが本当に入りつらい展開です。
しかし、何度も指摘していますが昨年末は大きく動いております。
本日の強いレジスタンスは126にあり、ここが強弱の分岐点となっています。
遅行線の動きを見ると日本時間19時辺りに注意が必要でしょう。


当ブログと同じチャートが使えます。
設定方法から売買方法まで書いてます。
こちら詳しくはコチラから



レポートをFXブロードネットさんでもタイアップしていただくことになりました。
チャート設定と売買方法はこちらにも書いています。
こちら詳しくはコチラから



昨日に発表があった新規失業保険申請件数は、改善率が予想より大きかったようですが、これは期間的に休日が多く日数が少ないこともあり、少し割り引いて考える必要があるようです。
本日は、休場の国も多く、やっていても短縮取引が殆どでさらに商い薄となりそうで、ちょっとした事で大きく動くので注意が必要です。

朝の定例のブログは年内最後となりました。
年初1月6日にスノボにいったときにお休みをいただいた他は一年間休むことなく続けることができました。
残り5日間書くことができれば365日毎日書いたことになります。
訪れていただいている皆様をはじめとして、トレーダー仲間やブログに協力しくれている日本株の専業さんの手助けにより続けることができました。
本当に有難うございました。
よいお年をお迎えください。



かなり、更新のモチベーションが下がってきています。
ポンド円村




お花バナー




2010-12-31 08:01 : お知らせ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

本日の要点

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。
 
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋


(各市場の要点)

・欧州市場は引き続きまちまちの展開、米国株市場はしっかりの展開となりました。昨日から英国市場もクリスマス休暇明けで再開したにもかかわらず売買は盛り上がりに欠ける展開でした。また米国市場も年度末ということもあり盛り上がりに欠ける展開が続いています。欧米ともに年度末ということで動きの鈍い動意薄の展開が続きそうな状況となっています。

一方米国債券市場は大きく反発しました。これは7年債入札が順調に推移したことで、買い戻しが入ったようです。このため10年債の利回りも大きく低下しました。また商品市場は原油市場は利食いで下げましたが、金は続伸の展開となっています。

・外国為替市場も引き続き市場参加者が少ない薄商いの展開が続いており、爬行性が強くなってきています。このためドルインデックスは大きく下落していますが、売買は引き続き薄くなっています。ドルが金利低下で売られたことでユーロドルも反発したようです。1.2310レベルを超えたのちは、買い戻しで1.3237レベルまで上昇しました。またドル円相場もドルが売られ再び81円台まで円が買われて来ています。引き続き個々の材料に反応するやや爬行色の高い相場展開となって来ています。

・日本株市場は上海市場の落ち着きもあり底固い展開となりました。ただし市場参加者は少なく既に正月休みに入ったようです。しかし地合いは閑散に売りなし相場が続いているようで、円高にもかかわらずしっかりとした展開が続いています。

(海外市場の動きについて)

欧米株市場は、昨日クリスマス休暇後に始めて開催された英国市場では利食い売りが出て反落したものの、その他は底固い展開でした。引き続いて鉱山株やエネルギー株などの資源関連株に買い物が入っていました。また米国株市場でも、石油関連の銘柄を中心に買いが先行する展開となっています。ただ引き続き出来高は少なく、NYSE出来高は5億株台の閑散相場が続いています。本日は雇用関連や住宅関連などのマクロ指標が発表されますので、動きを強めるかもしれません。ただし年度末ということで、機関投資家なども商いを控えているようで、閑散に売りなし相場が続くということになりそうです。

一方米国債券市場は大きく反発しました。昨日はまた7年債入札がありましたが、予想を上回る好調な推移となりました。ただし全般的に商いは低調になっており、時折大口の売りや買いが入ると通常以上にそちらの方向にバイアスがかかる市場となっていますので、爬行色が徐々に増しているようです。しかしトレンドとしては弱含みの展開が続いて行くと見られます。また商品市場は原油相場が利食いで反落し、金相場は続伸の展開となっていました。

(外国為替市場の見方)

外国為替市場も引き続き薄商いが続いているようです。ただし昨日は米国国債入札が好調であったことで、結果が出たのちはドル金利が低下したことで、イッキにドルが売られる展開になりました。これは前日の動きと正反対の動きとなっていますが、閑散相場だけに方向性がでた後は、そちら方向にバイアスがかかる展開になっています。そのため本日も米国ではマクロ経済指標の発表なども予定されており、相場が動きだすきっかけにはなりやすくなっています。

一方ユーロドルも1.3210を超えたところからまた大きく上昇する展開となりました。上値のレベルは1.3225レベルが一応の抵抗ラインになっていることもあり。このラインを大きく上回っていけば、1.3265レベルまでの上昇があるのではないでしょうか。また逆に下落して行けば1.3160が下値目処となっていますが、これを割り込むと1.3090レベルまで下落するのではないでしょうか。

ドル円相場もドルが売られる展開です。本日はゴトー日ということでドルの需要が高まる可能性もありますが、トレンドとしては円高に行きやすくなっていると見ています。当面の下値目処は81.35円レベルですが、もしこれを欧州時間などで割り込むと80.65円程度までの急速な円高が示現されるかもしれません。

 

以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付

こちらスキャルピングに於いて、損のない注文の出し方とは
スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


ファンダメンタルズからテクニカルまで美人エニアグラミストのブログ『為替千里眼』です。
ありがちな女性ブログではなく、大変勉強になりますので見て損はないと思います。
人気ブログランキングへ コチラからどうぞ、現在62位付近です。



ポンド円予想上手ブロガーの見解を見るならコチラから にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーのこれからの見解を見るにはコチラから 人気ブログランキングへ

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

ドル円が膠着感があるなか、クロス円も動き辛い展開です。
朝に指摘したようにレンジ内の動きになっています。
先日のようにオプションを狙った動きがでると、薄商いの為大きく動くのでレンジを抜けた時は注意が必要です。
昨日から申し上げているように、昨年は暴騰暴落を4日間でしていますので、この波に巻き込まれないようにしたいものです。




少しでもお役に立てたなら応援のポチっをお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします

ポンド円村





2010-12-30 19:15 : 宮地塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ポンド円  木曜日の展開を具体的なレートで見る

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。


にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


記事内レートは終値で見ています。

日足は昨日が殆ど動いておらず、チャートは割愛しますが、雲との乖離が激しいために下げにくくなっており、10月25日安値を下回ったことから達成感が出たことも下値を拾う動きが出ているのでしょう。
また、昨年末に見られた30・31の上昇を意識されているのかもしれません。
こういった短期資金は、すぐに逃げ、現に昨年の最後の二日間の上昇分は年をあけて大きく売られております。
腰の据わった資金でないことを考えて、日足で新規ポジションを持つ日ではないことを頭に入れておきましょう。


クリック証券【FX】の口座開設で完全無料で見れるプラチナチャートから使える黄金比チャートのポンド円4時間足です。
101231pon4h.jpg
↑クリックで拡大できます。

今回の下落が始まった12月8日?16日のダブルトップを基点にとっており、青いチャンネルラインで下降トレンドが進んでいることがわかります。
ペンタゴンチャートは緑のラインで表したところをサポレジとして機能していることもわかります。
さて、これからですがチャンネルラインの上限と29日安値からのサポートラインが三角持合の頂点に達しそうですが、ペンタゴンはよくて保ちあい、悪ければ下落を示唆しています。
強い展開に持ち込めるためには127.70あたりを越えていかなければならない事がわかります。


黄金比チャートはクリック証券【FX】口座開設で完全無料で使うことができます。
こちら詳しくはコチラから
クリック証券


1時間足見解は一番下にあります。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

当ブログ過去アクセスが多い記事です。

スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


未来を暗示する線

しかし色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の実績で証明されている11000pips以上も実績の売買シグナルもあります。
日足であれば、朝に1日1回だけチェックすれば終わりです。
もちろん<完全無料で見ることができます。
こちら詳しい記事はコチラから
最強の売買シグナル


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
FX相場で生き残る秘訣


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

メタトレーダー4のポンド円1時間足です。
101231pon1h.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円1時間足は、強い下げからようやく保ちあいの雰囲気がでてきました。
今のところ、強弱の均衡が微妙に保たれていますし、強弱分岐点の位置にローソクはあります。
126.50を中心として20pipsの幅でサポレジがあり、127と126は強固なサポレジとなっています。
このレンジを抜ければ、大きく動くものと考えています。


当ブログと同じチャートが使えます。
設定方法から売買方法まで書いてます。
こちら詳しくはコチラから



レポートをFXブロードネットさんでもタイアップしていただくことになりました。
チャート設定と売買方法はこちらにも書いています。
こちら詳しくはコチラから




昨日夕方のブログのあとがきに書きましたが、米7年債入札が応札倍率が前回を上回り、最高落札利回りが前回を下回り、これを受け米債利回りが低下したことでドルが大きく売られました。
本日は東京市場も大納会となりますが、年足としては小幅で終わりそうです。
また、本日はゴト日で30日仲値付近の10時前後の動きは要注意です。



かなり、更新のモチベーションが下がってきています。
ポンド円村




お花バナー



2010-12-30 08:34 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

昨夜の急落の正体

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。
 
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村



本日の朝の宮地先生の宮地塾有料ブログです。

以下抜粋


(欧米市場の動向について)

・欧米株式市場はまちまちの展開となっていますが、総じて「閑散に売りなし」相場が続いているという雰囲気です。英国株市場がまだ休場中ということでロンドン市場からの参入がなく、欧米市場は非常に閑散なマーケットとなっています。欧州株市場は動意なく小動きが続いています。また米国市場も出来高は通常の半減以下となっていることで、超閑散なマーケットになっています。物色も寒波による原油相場の上昇が、エネルギ-関連株などにポジティブに働いていました。また指数の動きも小さく3指数はまちまちの展開となりました。

NYSE出来高は5億株台と通常よりも非常に小さく市場参加者が本格的に戻って来るのは本日以降と見ています。また本日の展開としては引き続きしっかりの展開が続くと見られますが、高値圏の地合いの中でネガティブな材料が出てきた場合の市場動向について注目しています。本日はマクロ経済指標も少ないことからロンドン市場が再開することで、欧州勢、特にファンド筋がNY市場にも入ってきます。通常であれば休み前には保有株などのヘッジ売りをしているわけですので、これの買い戻しが入ってきますのでクリスマス休暇明けは強含みの展開となるようです。従ってNY市場も買い戻しが先行する展開が予想できますが、高値圏に相場があるだけに上値は重たいと見ています。

一方米国債券市場は大きく下落して終了しました。ただし前日に中長期債が買われたこともあり、そのあとの買いが続かなかったわけで、5年債入札が振るわなかったこともあり、大きく反落する結果になったわけです。5年債入札は応札額も予想を下回っており落札利回りも上昇したことで、不振に終わりました。いずれにしても薄商いの中で、買いが引っ込むとすぐに下落する相場展開となっており、市場は引き続き弱含みの展開が予想されます。さらに商品市場はドルが売られたこともあり、堅調な展開となりました。原油相場も寒波による在庫減少予想で続伸、金相場も欧州の債務問題の拡大懸念で大きく上昇する結果となりました。引き続き商品市場は堅調な展開が予想されます。

(外国為替市場の動向について)



・外国為替市場でも引き続きロンドン市場がまだ休場であることで、非常に閑散のマーケットに変化はありません。本日はトレンドフォローのモデル系ファンドに一部に薄商いの中を、オプションなどのポジションの行使価格レベルを攻める動きがあったことで、大きくドルが売られる展開が続きましたが、NY時間に米国国債入札が不調になったことでドル金利が上昇に向かい、ドルの買い戻しが入る状況となりました。ドルインデックスは欧州時間には大きく下落したものの、その後は買い戻しが入る展開となり、結局のところ前日比では上昇しての引けとなっています。本日以降はロンドン市場も本格的に再開されることから売買も盛り上がる展開となりますので、方向感が出やすくなると見ています。

ユーロドルについては、上述のように前半はユーロ買い戻しが入り当面の上値目処であった1.3210 レベルを抜いて1.327台までショートカバーが入り上昇しました。これは上述のファンドなどが1.3210レベルの行使価格のオプションを攻めた結果上抜けしたために、そのヘッジのためのユーロのショートカバーが入ったためと見ています。一方欧州市場では年末までにポルトガルが欧州支援基金に援助を申し出るのではないかとの見方もあり、引き続き不安定な展開に変わりはなく、欧州内ではスイスフランや金などに資金などへの資金シフトが続いています。ただ売買は薄く少しの売りや買いでも相場が大きく動く展開となっていたために変動が増幅されたこともあり、NY時間になってドル金利が上昇してきた後は、ドルが買い戻される展開となりました。したがってロンドン市場が本格的に再開される本日以降は、再びユーロドルについては弱含み展開が予想されます。ユーロドルの上値は1.3210レベルと見ており、下値は1.3035レベルをトライする展開と見ています。

またドル円相場ですが、これもドル売り円買いの動きが欧州時間に出てイッキに81円台に突入し81.80円レベルまでの円高局面がありました。その後はドルの買い戻しが入り再び82円台に戻っています。上述べたようにユーロドルについてはドルが再び堅調な展開になると見ていますが、ドル円については、昨日が御用納めということで企業が年末の長い休みに入ることで、商いが薄くなるためその前に駆け込みのドル売り予約が入ったという見方もできますが、海外ファンド筋などは市場に戻って来ており、昨日の円高の動きは海外ファンド筋の仕掛け的名動きと見ることもできます。また欧州債務問題、さらにドルは量的緩和が継続していることなどから、相対的にスイスフランや円に資金シフトが起こっているとも見られますので、今週は円高トレンドが継続すると見ています。従ってドル円の上値は82.55円レベル、円高目処は81.80円レベルと予想しています。



 

以下、日本株式市場については他会員さんの利益の保持の為割愛させて頂きます。

↓入会詳細はこちらからです。
入会登録受付

こちらスキャルピングに於いて、損のない注文の出し方とは
スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


ファンダメンタルズからテクニカルまで美人エニアグラミストのブログ『為替千里眼』です。
ありがちな女性ブログではなく、大変勉強になりますので見て損はないと思います。
人気ブログランキングへ コチラからどうぞ、現在62位付近です。



ポンド円予想上手ブロガーの見解を見るならコチラから にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーのこれからの見解を見るにはコチラから 人気ブログランキングへ

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

クリスマス休暇明けのロンドン市場は今のところ売りで反応しているようです。
今夜は米7年債入札があり、好調に終われば長期金利が低下でドル売りとなりやすくなります。
不調に終わればドル買いとなるわけですが、トレンドを出すには至らないとみています。
年末でドルの需要も高くなっている事から、下は買いが入りやすい状況にあります。
また、明日が30日という事もあり、米のリパトリの動きがあるかもしれません。


ポンド円ですが、今朝の1時間足見解にも書いたとおり127のレジスタンスは固かったようです。
現在昨日安値付近をつけていますが、ここを守れるかどうかも注目しておきたいところです。
節を抜けると下が真空地帯となっています。




少しでもお役に立てたなら応援のポチっをお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします

ポンド円村







2010-12-29 18:25 : 宮地塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ポンド円  水曜日の展開を具体的なレートで見る

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。


にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


記事内レートは終値で見ています。

メタトレーダー4のポンド円日足です。
101229pond.jpg
↑クリックで拡大できます。


ポンド円日足は全てに於いて弱気になっています。
ここからの追っかけ売りも難しいですし、かといって反転期待の買いも迷うところです。
しかし、このままいけば長い下髭をつけており反転を期待させる形となっており、本日の日足の位置は非常に重要となりそうです。
昨年の年末の相場を振り返ってみますと29日は小動きになっており、30日と31日で急騰しました。
30日安値が146.07で31日高値が150.77と470pipsも動いています。
本年も大きく動く可能性があり、ストップはきちんと入れておかないと、大きな痛手を負う事になるかもしれません。


メタトレーダー4のポンド円4時間足です。
101229pon4h.jpg
↑クリックで拡大できます。


ポンド円4時間足も買える状況には見えません。
やはり、ここまで下げるとダブルボトムのような足型になるまで買える状況ではありません。
赤いゾーンは強いレジスタンスとなると見ています。
具体的なレートとしては127.70付近が強弱の分岐点となりそうです。


1時間足見解は一番下にあります。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

当ブログ過去アクセスが多い記事です。

スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


未来を暗示する線

しかし色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の実績で証明されている11000pips以上も実績の売買シグナルもあります。
日足であれば、朝に1日1回だけチェックすれば終わりです。
もちろん<完全無料で見ることができます。
こちら詳しい記事はコチラから
最強の売買シグナル


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
FX相場で生き残る秘訣


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

メタトレーダー4のポンド円1時間足です。
101229pon1h.jpg
↑クリックで拡大できます。

ポンド円1時間足はも状況は良くない状況が続いています。
この時間足では127が強弱分岐点になりそうです。
しかし、昨日までは各時間足でのレジスタンスが重なっており強いレジスタンスとなっていましたが、徐々にレジスタンスがばれてきており、そろそろ下げ圧力も弱くなってきている雰囲気が伺えます。



当ブログと同じチャートが使えます。
設定方法から売買方法まで書いてます。
こちら詳しくはコチラから



レポートをFXブロードネットさんでもタイアップしていただくことになりました。
チャート設定と売買方法はこちらにも書いています。
こちら詳しくはコチラから




昨日発表されたケース・シラー住宅価格指数は予想より弱く二番底を懸念させるものでした。
本日はドイツの12月消費者物価指数が発表されますが、いまのところ時間が未定らしく注意したいところです。



かなり、更新のモチベーションが下がってきています。
ポンド円村




お花バナー




2010-12-29 07:04 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: