富士山を遠くに望んで

お気に入りの写真が何枚か撮れました。
素人の写真ですので構図など全く考えていませんが
それでも富士山の姿には圧倒されます。



読む前に少しだけご協力をお願いします。
ランキングに参加しております。
ポチっと押して行って下さい。
ctrlを押しながら押すと、ランキングは後から見る事ができます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


69.jpg



70.jpg



1_20101030025209.jpg     2_20101030025215.jpg




72.jpg



74.jpg



3_20101030025222.jpg     4_20101030025228.jpg




68.jpg



76.jpg



71.jpg


ランキングに参加しています。

arrow42-011_20101029172802.gif応援のポチっをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2010-10-31 22:38 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

金峰山はスゲーーところだった  3

金峰山登山記3です。

1はコチラから→金峰山はスゲーーところだった  1

2はコチラから→金峰山はスゲーーところだった  2

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ランキングに参加しております。
ポチっと押して行って下さい。
ctrlを押しながら押すと、ランキングは後から見る事ができます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


今回のメイン

五丈岩です

52.jpg

凄い存在感です。

天に突き刺さらんばかりの力を感じます。

左下に映っている人と比べて頂ければ大きさが分かると思います。


53.jpg
  目的も果たし

  後は来た道を

  引き返すだけです。

  振り返った先の

  空は

  今まで見た中で

  一番の青空でした。



55.jpg


名残惜しく


振り返ってみます。





56-1.jpg
   五丈岩の少し手前が

   金峰山の頂上です。

   行きは人が多く

   撮れませんでしたが

   途切れたすきに

   頂上の標をパチリ

   後ろは八ヶ岳



さて、来た道を帰らないといけません。

もう一度富士山を見て

萎えそうな気持ちを奮い立たせます。

57.jpg

帰り道は下りだけでなく、二つのピークを登り降りです。

これは初めての経験で、少し不安です。

・・・・・と・・・・その時

足元を黒い物体が走り抜けます。


プードルですww


プードルに負けた・・・・・・aicon364_20101027155443.gif

プードルでも登れるんだ・・・・・。

しかも、リードもつけずに飼い主と元気よく降りて行きましたwww。


58.jpg

徐々に五丈岩から離れて行きます。

60.jpg

富士山は、いっそう幻想的な姿に変わっていきます。


61.jpg


うううう・・・・

やっぱ

下りは怖いなぁ




帰りは金峯山五丈岩から、あちこちで写真をとりつつ休憩をして、3時間弱かかりました。

駐車場に戻ったときは、すでに半数くらいの車がいなくなっており
このあたりは11人以上乗りの車が通行止めのために
お迎えのタクシーもちらほらいました。
しかし・・
塩山駅から40k位あるのに、料金どのくらいかかるんだろ・・・・・・。

後は麓の日帰り温泉に向けて一直線です。

車で下山している途中で、先程登っていた五丈岩が遠くに見えました。

62.jpg

ズームインしてこのくらいですが

実際は、こんなに離れています。

あんなところまで行っていたんだとおもうと感慨深いものがあります。

63.jpg

このあたりは標高が高く10月半ばで紅葉真っ盛りです。

65.jpg

牧丘地区にある『花かげの湯』に入り、少しだけ仮眠を取り帰りました。



66.jpg  67.jpg

少しぬるめのお湯でしたが、とてもいい温泉でしたが、食堂で食べるものがあまりなく、食事は期待できないかもしれません。
夕方は、地元の方が多く、お風呂に入るとすぐに帰られるみたいで、休憩室はハイキング帰りの人だけなので、比較的ゆっくり出来ますが、少し、暖房が弱く寒かったですw。


今回の行程と時間です。

金峰山地図



いやぁ、よく歩きましたww

今回も歩きながら写真を500枚も撮ってきました。

綺麗なものがありますので、まとめたら、アップしますので、見て下さい。

ランキングに参加しています。

arrow42-011_20101029172802.gif応援のポチっをお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2010-10-31 15:42 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

オージー円 フィボで見た重要節値と線形回帰トレンドで見たこれから

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

先週末のブログに『オージ円が変化を見せそうです。長期的なチャートから見直しておきたいと思います。』と書きましが、ペンタゴンも弱含みに付いたことから、大きく値を崩しました。

先週の記事はコチラから→オージー円 フィボで見た重要節値とペンタゴンで見たこれから

メタトレーダー4のオージー円日足です。
101030audjfibo.jpg
↑クリックで拡大できます。

先週末ブログの三枚目のチャートに書いたとおりレンジ内の相場に終始し、指摘していた38.2%の位置ではレジスタンスが機能し下げ渋り、金曜日は長い下ヒゲをつけて終わりました。
当分は、このフィボはサポレジとして使えそうで、注意して見ておくべきでしょう。
注目は、この38.2を切っていくか、このまま反発するかを考えないといけません。

オージ円線形回帰トレンドでの考察は、一番下にあります。

メタトレーダー4対応!MTFXなら、メタトレーダー4から直接取引できます。
 詳しくはこちらから





チャート分析には『一目均衡表の研究』を参考にしています。
佐々木英信先生の名著『一目均衡表の研究』アイネット証券さんとのタイアップ企画で無料プレゼント中です。
 詳しくはこちらから




*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

当ブログ過去アクセスが多い記事です。

スキャル時に勝率をあげる注文の出し方


未来を暗示する線


ペンタゴンチャートのオリジナルの設定と手法


共に学び共に考えるなんでもブログさんは時々更新を復活されたようです。
日柄については右にでるブログはないと思います。
勉強になるので見に行かれたら如何でしょうか。
人気ブログランキングへ←コチラからどうぞ、現在7位付近です。


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
本日の押し目買い手法公開!



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


三京証券[OKT FX]のウルトラチャートでの線形回帰チャンネルです。
101030audj1.jpg
↑クリックで拡大できます。

線形回帰チャンネルで見ると、戻りを売り値幅を取れるチャンスも先週には見て取れますが、直近で金曜日は1時間足でロングが取れる状況だったことがわかります。
日足でも?2σにタッチし同時に、4時間足では、ここのところ支えられている?1シグマに達し、1時間足でも?2σをを割った場面があります。
ここでは、反発しやすい状況なので、短期逆張りを仕掛けやすいところです。
さて、これからですが、週足はゆっくりとした上昇トレンドのままですが、日足で見ると強い下げ相場であることがわかります。
週足では?2σが、ここのところ強いサポートとなっていますが、現在はミドルライン付近ですので、上昇トレンドといえども下に余裕がありそうです。
対して日足は+1σが強いレジスタンスとなっていますので、ここらあたりまで戻せば下げやすい状況となりそうです。
この辺りまで戻すことが出来れば、4時間足と1時間足でタイミングをとりながら仕掛けていきたいところです。

ウルトラチャートは三京証券の口座開設で見る事ができます。
詳しくはコチラから。
三京証券[OKT FX]


当ブログの一番人気記事です。
宜しければ読んでみて下さい。


色々考えるのめんどくせーでも、『勝ちたーい』と言う方もいらっしゃいますよね。
過去の成績で優秀な売買シグナルがあります。
もちろん完全無料で見ることができます。

一日一回のチェックで10000pips以上も勝っている方法  記事詳細はコチラ


少し、更新のモチベーションが下がってきています。
ブログ継続はみなさんの応援だけがエネルギーです。
なければ続けていくことはできません。
役に立ったならポチッっとお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします







お花バナー





2010-10-31 08:56 : オージー円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ドル円  線形回帰チャンネルでみる

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ブログ継続のエネルギーはみなさんの応援だけです。
ポチっとお願いいたします。
CTRL押しながらランキング押して頂ければ別窓で開きますので、ランキングはあとから見れます。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(3年目以降)へ
にほんブログ村  
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

三京証券[OKT FX]の口座開設で使えるウルトラチャートのドル円の線形回帰チャンネルです。
101030ponsenkei1.jpg
クリックで拡大できます。

テクニカルは線形回帰チャンネルを使っています。
線形回帰チャンネルの事は知っていましたが、使い方がよくわからなかったのですが、相互リンクをしていただいているさくら_yaかぁちゃんの投資とつれづれ にっきさんが詳しく分析されていて、読んでみると大変勉強になり、ようやくトレードに使えるようになりました。
ボリンジャーバンドと同じく、ミドルラインと±1σ、±2σの5本の平行線で構成されています。
御覧の通り、±2σ以内での推移で収まる可能性が高くトレンドを見るにも分かりやすくなっています。

現在ドル円は週足・日足・4時間足・1時間足とも綺麗な下降トレンドを示しています。
赤丸で表した地点がショートの絶好の地点であることがわかります。
週足はミドルのライン近辺で順調な下げをしています。
日足では下げトレンドの中でも、戻りは1σが限度となっていることがわかります。
4時間足で戻りを大きく試しましたが、全てが下げトレンドの中、日足でも戻りが限度付近だということ、4時間足でも+2σである事から比較的安全にショートを入れることができます。
その後、通常値幅があまり出ないドル円でも4時間足でエントリーしても160pipsの利益がでています。
現在は、4時間足で?2σまで来ていることから、そろそろ利食いを入れるべきレベルに着ていることがわかります。

利食いの位置も、押し目なの戻り売り、または完全な逆張りなのかが分かり、長短の足でのレジスタンスがはっきりしているのでわかりやすくなっています。

線形回帰チャンネルは三京証券[OKT FX]の口座開設で使えます。

arrow42-011_20101029172802.gif詳しくはコチラから
三京証券[OKT FX]





*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:


トラコミュ
FXスキャル&デイトレの勝ち組戦略


共に学び共に考えるなんでもブログさんは時々更新を復活されたようです。
日柄については右にでるブログはないと思います。
勉強になるので見に行かれたら如何でしょうか。
人気ブログランキングへ←コチラからどうぞ、現在7位付近です。


ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
本日の押し目買い手法公開!


スキャル時に勝率をあげる注文の出し方

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

以前は7000pips獲得する方法と紹介していましたが、バージョンアップ後に一日一回のチェックで10000pips勝っている方法となり、現在は11000pips獲得する方法となっています。

三京証券[OKT FX]の口座開設で完全無料で使える。売買シグナル系シグナルティーチャーのサムライ1号です。
101029ponsigunaru.jpg
クリックで拡大できます。

提供されて利来、利益がマイナスになったことがない、すごいシグナルです。
いつ出るかわからないシグナルではなく、ニューヨーク時間が終わって日足が確定した時点ででるので、日本時間の朝に一日一度だけチェックするだけで、エントリーもイグジットもできます。
非常にメンテナンスが簡単で、しかも、ものすごい利益が出るわけですから、文句のつけようがありません。
週足であれば、月曜日の朝に一回だけでメンテナンスするだけでいいわけです。
究極のシステムトレードができるかもしれません。


arrow42-011_20101029172802.gif詳しくはコチラから
三京証券[OKT FX]


少し、更新のモチベーションが下がってきています。
ブログ継続はみなさんの応援だけがエネルギーです。
なければ続けていくことはできません。
役に立ったならポチッっとお願いします。

更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします







お花バナー




2010-10-30 22:00 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

金峰山はスゲーーところだった  2

金峰山登山記2です。

1はコチラから→金峰山はスゲーーところだった  1

読む前に少しだけご協力をお願いします。
ランキングに参加しております。
ポチっと押して行って下さい。
ctrlを押しながら押すと、ランキングは後から見る事ができます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


30_20101024172946.jpg
朝日岳を下りきると

少し淡々とした登りが

続きます。

木々等を見ながら

ゆっくりと歩きます。

空がとても青いです。


ここは最後の難関で、歩く時間が長くなるので、時折、ご褒美の景色を貰えます。
31_20101024173002.jpg

立ち枯れの木が多く、森林限界点に近い事を教えてくれています。

目指すは金峰山の五丈岩。

33.jpg


35.jpg  朝日岳から1時間半

  森林限界点を越し

  ハイマツ帯に入ります。

  朝日岳から見た

  尾根の部分に

  入った事がわかります。

  賽の河原まで

  あと少し

  足に力が入ります。


登りきると展望が開けます。

36.jpg

手前に御座山。

39.jpg

左から奥には妙高、烏帽子岳・湯の丸岳・四阿山・浅間山・すこし奥に苗場山・一番右奥が谷川岳です。

こちらは八ヶ岳。

40.jpg

肉眼では右奥に剣岳の頂上が少し見えましたが写真では、右から蓼科山・餓鬼岳・八ヶ岳で、少し奥に乗鞍岳がみえます。


43.jpg  上の写真の

  ケルンの裏辺りは

  な・なんと・・・

  DoCoMo使えるみたいで

  お兄ちゃん、登山を実況中継してましたw

 (盗み聞きしたわけではありませんw)

  アイフォンを見ると・・・・・・

  圏外wwww

  乗り換えを真剣に検討中



さて、ここを登れば、更に展望が開けるはず・・・・・

足に力が入ります。

・・・・・・ここで、こけましたw

頑張って登りきると

さらに絶景が待っていました。

人生観変わりました

44.jpg

『凄っ』

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

来る途中、何度も富士山の姿は見てこれたんですが、ここからの景色は絶品でした。

青い空に吸い込まれるように

目の前の道は続きます。

45.jpg

ここを越すと五丈岩が見えるはずです。

このあたりで左に目をやると、先日にここでも紹介した大菩薩領が見えます。

46.jpg

その右奥には、丹沢の山塊達も頭を覗かせています。
見慣れてる山を遠くから見ながら、ここで昼食にしました。


47.jpg
先ほど通って来た

朝日岳の

ガレ場が

遠くに見えます。

遠くで見ると

思ったより・・・

緩やかだなww



富士山の右横には毛無山が見えます。

48.jpg


49.jpg
  昼食のメニューは

  おにぎりとカップヌードル

  これ以上の贅沢はいりません。

  そして、食後の

  インスタントコーヒー


50.jpg
この反対側

15分ほど

下った所に

金峰山小屋

があります。


ここで小一時間程景色を堪能し、そろそろ目標地点、金峰山頂上と、この山のシンボルの五丈岩を目指します。

大きな岩を乗り越えて行くと見えました。

『五丈岩』

51.jpg

かなりの人が集まっています。


もうすぐ金峰山頂上です。

南アルプスの山々を後ろに従えて

威風堂々の景色です。



写真の枚数が多く重くなりましたので、続きは次回に回します。

ランキングに参加しています。

arrow42-011_20101029172802.gif応援のポチっをお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2010-10-30 18:44 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: