彦根

彦根城

5W2C8846.jpg


珍しいお相撲さんの石像

5W2C9087.jpg


そして近江牛

5W2C9098.jpg


しばらく遊ばせていただいた間に行ったところの写真をボチボチと載せていきたいと思います。


q







2013-05-27 22:45 : : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

寺田屋

皆さん、おひさしぶりです。

ご無沙汰をしておりました。

暖かいコメントをありがとうございました。

ブログを辞めてからは、色々なところに行ってまいりました。

まずは、一番に行ったのは竜馬の常宿だった、寺田屋です。

一月中旬の冬の京都は、まだ寒かったですが、それにも関わらず、多くの方が訪れていました。

5W2C3346.jpg

今でも営業しており、昼間であれば見学もできます。

おりょうが竜馬に敵が来たことを知らせるために、裸で駆け上がった階段も残っています。

5W2C3363.jpg


この夜は、先斗町の名店で間人蟹を奢ってもらいましたw

5W2C3499.jpg

『間人蟹』と書いて、『たいざがに』と読むそうです。

腕に、獲った船のタグが付いているのが、その間人港で捕れた証拠だそうです。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2013-04-11 20:00 : : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

名も知らない場所の景色

東京も紅葉が色づいてきました。

先週は東京から離れていましたが、丹波篠山はすでに晩秋の趣でした。

5W2C06881.jpg

日本の紅葉は、色づき始めと盛りと落ちてからも三度も目を楽しませてくれます。
池の中に落ちた落ち葉も、それは綺麗なものでした。

あまり誰も訪れないような山寺に案内板だけを頼りに行くと、それは美しい紅葉が堪能できました。

5W2C06401.jpg

苔むした石柱の上でも、それは綺麗なコントラストを見せてくれています。

5W2C06271.jpg

いい雰囲気のご夫婦が、お互いに労わりながら階段を上っていく様は、周りの景色を一層引き立ててくれました。


みなさんの応援だけが更新のモチベーションとなります。
こちら応援ポチっお願いします。
q




お花バナー
2012-12-01 10:36 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

日本円と人民元の直接取引が始まる

いよいよ元との直接取引が始まります・・・・という事で、やはり、現地の状況を見ておこうと思い、中国に行ってきました。

q

行ってきたのは上海・無錫・蘇州。

本当は北京や重慶あたりも見てきたかったのですが、何せ、中国は広いw

上海までは成田からは3時間。

成田からいけば上海浦東空港に着き、羽田からいけば上海紅橋空港に着くという具合に別れています。

因みに、少しだけ成田からのが時間がかかるようです。

ついた日は、一気に上海空港から蘇州へと移動しました。

DSC06044.jpg

この日は、バスの移動で疲れたので、そのままホテルで過ごしました。

で、早速、ネットにつなごうと行くと、当然、日本語は通じませんw

カタコトの英語とカタコトの英語で、なんとかパスワードとIDを聞きだして、繋ぐには繋いだのですが・・・。

とにかく遅くてどうにもならない。

スカイプで上海の友達と無事に着いたことだけを伝えて寝てしまいました。

次の日は観光にと言う事で無錫の三国志と水滸伝の撮影場所の大湖へ

DSC06059.jpg

入り口から立派です。

DSC06068.jpg

ここは水滸伝の撮影現場らしいです。

DSC06099.jpg

この船に乗って20分位大湖を遊覧できます。
この湖は周囲400キロの広さですから、当然対岸など見えるわけもなく、どのくらいの広さかよくわかりませんw
とりあえず、水は汚かったです。

DSC06137.jpg

乗った船は禁煙ですが、日本語だけ、なぜか中途半端でした。
この看板があっても、中国の人たちは、気にせずにタバコすって湖に投げ捨ててましたねぇ。

DSC06163.jpg

このお姉ちゃんたちと写真を撮ると、自分のカメラ持込で10元取られちゃいます。
日本円で140円くらいでしょうか。

DSC06186.jpg

太湖といえば、真珠の養殖ですが、現地では珍珠とよばれています。
ものすごーく、立派な建物で売られています。
真珠の中で、一番高いのはチョコレート色だそうで、かなり高価で売っていました。
しかし、値切れば値切られるみたいで、本当はどうなのかよくわかりませんw。
中国では真珠貝でなく、カラス貝で真珠を養殖するらしいです。

DSC06272.jpg

蘇州に戻り、除夜の鐘で有名な寒山寺によってきました。

DSC06307.jpg

寒山寺の中では、綺麗なお姉さんが、なんだか中国の古い歌を唄って観光客にきかせてくれておりましたが、どこから声が出ているんだろうかと言う位、高ーい声の持ち主でした。

観光コースを急ぎ足で回って、とりあえず宿に戻ってきたのですが、ナイトクルーズが綺麗だということで、夕食を外で食べるついでに行ってきました。

無錫は東洋のベニスと言われているらしく、町のあちこちに水路がめぐっています。

DSC06399.jpg

遠くから見ると非常に綺麗なのですが・・・

DSC06370.jpg

近くによると、なんだか無理やりライトアップしています。

DSC06406.jpg

この後、無錫の夜の繁華街で食事をしたのですが、街の中心地を歩いている限りは、さほど危険な感じは受けませんでした。

ただ・・・・食事は口に合いませんでしたし、トイレが、どこに行っても汚いのには閉口しました。
ウオッシュレットどころかトイレットペーパーが備え付けられていないので、トイレはホテルで済ませておきましょうw

・・・・・元との直接取引とはまったく、関係ない初日と二日目を過ごした僕でしたw

教訓  マーボー豆腐は、やはり丸美屋が一番うまい

みなさんの応援だけが更新のモチベーションとなります。
こちら応援ポチっお願いします。
q




お花バナー
2012-06-02 08:00 : : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

石垣島の過ごし方  酒池肉林編

本日には、帰ってきている筈ですw

無事を祈ってポチッとお願いします。

q

やはり、石垣といえば石垣牛ってことで、評判のよい金城です。

DSC05699.jpg


店員さんも明るく、店の雰囲気もかなりいいです。


DSC05701.jpg

肉は柔らかかったですが、サシが多く、若い方には良いかもしれませんが、そろそろ僕の年代ではきつい感じですw

とは言っても、僕は事情があって、ここでは肉を殆ど食していませんので、この一部分しか食べれてませんから、当てにならないかもしれませんが・・・・。

食べなかった理由は、あまりにも子供じみているので割愛します。

それにしても、牛タン食べたかったw。

なので次の日は、リベンジということで石垣で一番有名で人気の『やまもと』へw

DSC05714.jpg

ステーキはわさび醤油で頂きました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

DSC05711.jpg

お勧めは、焼きしゃぶ

これは絶品ですw

ここは予約していかなければ入れないでしょう。

閑散期の、この時期でも店内は予約のお客さんで一杯になりました。


石垣島は、おみやげ物屋さんも、あまり多くはありません。

IMG_6535.jpg

市内中心部に公設市場がありますが、おみやげにはどうかな?って感じです。

公設市場の近くに数軒ほど、おみやげ物屋さんがありました。

DPP_021.jpg


かわいいTシャツ屋さんがあり、かわいいビーサンも売ってました。

荷物になるので買いませんでしたがww

ブログランキング・にほんブログ村へ

石垣島は素敵なところでした。

まだまだ、沖縄のヤンバル地方のような手付かずの自然がたくさん残っています。

今、新空港の建設中で、国際線も乗り入れ可能になるそうです。

島の経済発展には、いいのかも知れませんし、島民の方も期待しているようですが、是非、自然破壊をするような乱開発だけはやめて欲しいと感じました。

よければ新空港が出来る前の石垣島に、訪れてみては如何でしょうか?

10_20120520103636.jpg

写真では表現できないほどの満点の星も見えました。

上の写真、クリックしていただいて、大きい画像で見ていただければ、すこしは雰囲気が伝わるかもしれません。

次は石垣のお隣の島の波照間か、西表に行って星を撮ってみたいと思っています。


こちら応援ポチっお願いします。
q



お花バナー




2012-05-27 13:00 : : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
ホーム  次のページ »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: