ポンド円 日柄で見た3月14日からの展開

ポンド円の週末日柄記事です。

先週日柄記事の『ポンド円 日柄で見た3月7日からの展開』には『日柄的には、月曜日に2月24日安値から9日目、2月1日からの26日目を火曜日に迎えるために、このあたりの日柄が強くなる事が考えられるので、下から持ったものは、一旦は手仕舞いとするのが安全ですが、日柄的と波動の関係を考えると、少々折り返すには早い気もしますし、165円の強い節を抜けると、一気に上を目指すことも考えられますので、多少はポジションを残したいところです。』と書いていましたが、指摘していた月曜日・火曜日と下げたので、波動が複雑になるかと見ていたのですが、結果的には軽い押し目であったようです。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

フィボナッチボックスを使ったポンド円日足チャートです。

312p.jpg
クリックで拡大できます。

これからですが、波動的に可能性がつよくなったのはV波動かN波動ということになります。

N波動と言う事になれば、2月1日からの33日目の3月17日付近が変化日となりそうで、V波動となれば2月1日からの52日目までは堅調な展開が続くということになります。

価格的には165円付近につよい価格の抵抗帯が見られますので、17日までにここを抜けるとV波動になる可能性が強くなると考えられます。




使用チャートはアイネット証券の口座開設でi-NET TRADERで完全無料で使用できます。

↓口座開設はコチラから



◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-03-12 06:53 : 日柄 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ポンド円 日柄で見た2月29日からの展開

★スポンサードリンク★
【相場の転換を見極めるレポート】です
天井と底を見極めるコツが書かれていますので
是非ご活用下さい

<あと30名>で終了
レポートはコチラから無料ダウンロードいただけます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX


恒例のポンド円の週末日柄記事です。

先週の日柄でみたポンド円日足の2月22日からの展開の日柄記事には『23日から25日までに下値をつけての反転の可能性が高いのではないでしょうか。』と書いていました。

現在の状況は24日で下値をつけた展開になり、いまのところは日柄通りの動きとなりました。

2月11日で買ったタマは無くなり、新たなポジションを持った所です。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

フィボナッチボックスを使ったポンド円日足チャートです。

227pond.jpg
クリックで拡大できます。

52日のリズムはお伝えした通りですが、現在は、その1波目であることから、今後の動きは予測しにくい展開であることは間違いありません。

短期的にも長期的にも、24日の下値付近はつよい抵抗帯があるとはみていますので、このレベルを切ると、本当に下値の目処が探りにくくなります。

短期的には、チャートにも示している通り、1月20日から2月1日までの上昇幅を1とすると、そこから、その幅の2倍を下げたことから、一応の目標値を達成したことになり、日柄的にも、その倍の日数を用したことから、整合性のつく日柄と値幅での達成感が見られます。
227m.jpg

長期的に見ても、3年5ヶ月もかけた上昇幅の半値を9ヶ月で下げたことになり、ここを破られると、雲上限辺りまでは抵抗帯が見当たらなくなってしまいます。

値頃感からのトレードは危険ですが、目処として考えておくべきでしょう。

さてこれからの展開ですが、波動の変化を見極めながらということにはなりますが、とりあえずは、3月7日前後での変化日を迎える可能性が強くなっています。

日柄を中心に考えるのが普通なのですが、今回は、いつも以上に先日の安値あたりを試すかどうか、大きく見れば、半値付近の足固めをするかどうかを見ておくことも重要でしょう。



使用チャートはアイネット証券の口座開設でi-NET TRADERで完全無料で使用できます。

↓口座開設はコチラから



◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-02-27 13:22 : 日柄 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

日柄でみたポンド円日足の2月22日からの展開

★スポンサードリンク★
【相場の転換を見極めるレポート】です
天井と底を見極めるコツが書かれていますので
是非ご活用下さい

<あと30名>で終了
レポートはコチラから無料ダウンロードいただけます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX


恒例のポンド円の週末日柄記事です。

先週日柄記事には『52日の日柄のリズムから42日のリズムに変わった可能性があり、非常にデリケートな期間に入っています。 それを確かめるために波動の種類を見極めをしないといけません』と書いていました。

相場はやはり気まぐれな相場となり、日柄トレードでは厳しい展開となっています。

2月11日で買ったタマは、ストップを2月11日安値に置いてありますので、月曜日に下に窓明けがあると厳しい展開となるかもしれません。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

フィボナッチボックスを使ったポンド円日足チャートです。

220pond.jpg
クリックで拡大できます。

まず、はっきりしなかったリズムですが、波動から考えると52日は変わっていないようです。

とりあえず、そうなると一番考えなければならない日柄は、1月20日の安値を目処にして9日間で高値をつけ、9日間で安値をつけましたから、その後にくる強い日柄は1月20日からの26日目の2月25日と考えられます。

更に、2月11日安値から火曜日に9日目を迎えることから、ここで一旦下値をつける可能性もあります。

総合してみると、23日から25日までに下値をつけての反転の可能性が高いのではないでしょうか。

また、それまでに2月11日安値を切らなければ、反発の可能性は更に高くなるとみています。



使用チャートはアイネット証券の口座開設でi-NET TRADERで完全無料で使用できます。

↓口座開設はコチラから



◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-02-20 19:00 : 日柄 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

日柄で見た2月15日からのポンド円

ポンド円の日柄記事です。

木曜日のテクニカルの記事→テクニカルで見た2月11日からのポンド円のこれからには

今後、大きな陰線を引くようなイメージはなく、通常であれば、値幅がでた足をつけてもショートカバーが入るか、下降気味の持ち合い局面となりそうな感じです。 』と書いていました。

記事の投稿時間と添付チャートを見ていただければわかると思いますが、当時は大幅下落中で大陰線を引くと思われましたが、その後下げ幅を縮小し、金曜日は小さいながらも陽線をひいて終わりました。

まだ、記事を書いて日数が経っていないので結果としては尚早ですが、イメージ通りの展開になっております。



また、先週の2月7日の日柄記事の日柄で考える2月8日からの展開には

下値をつける日柄となりますが、今回は値を優先していたほうがよいパターンなのですが。あえて考えるとするならば、赤のパターンであれば、候補日としては2月10日から12日あたりが有力だと考えています』と書いていましたが

今のところ11日に底値をつけているので、日柄は正確に機能していることとなりました。

日柄記事をはじめて読む方は、すこし長い記事ですが、是非、こちらを読んでみてください。

日柄の研究 基本数値編    日柄の研究  対等数値編


ポンド円日足のi-NET TRADERのチャートで、クリックで拡大出来ます。

pond0214.jpg


昨年11月19日の高値からの下落局面で、今年の1月20日までの42日目で一旦の下値をつけてからの反発で、そこから9日目の、そこまでのリズムの52日の近似値の51日目で高値をつけてから、現在のところ2月11日で安値をつけた状態です。

11日は当面の安値の可能性が高く、その理由として1月20日からの9日目が高値で、そこから9日目が2月11日で、対等数値と基本数値が重なって強い日柄でした。

スポンサードリンク



しかも、安値圏での包み足と言うこともあり、可能性としては2月11日が当面の安値になる可能性は更に高くなっています。

包み足が何故反転しやすい足型になるかといえば、包み足を仮に2日足をして考えた場合、チャートに付け加えて書き込んだように、更に下髭が長くなっていることがわかります。

さて日柄で見たこれからですが、直近では52日の日柄のリズムから42日のリズムに変わった可能性があり、非常にデリケートな期間に入っています。

それを確かめるために波動の種類を見極めをしないといけませんので、すこし時間が必要ですが、今のリズムが続くとしたなら、強い日柄としては24日付近に変化日を迎えることとなります。



現在日柄の観測ができるチャートはi-NET TRADERしかありません。

02074.png

フィボナッチボックスをクリックするだけで、日柄カウントができ、同時に値幅観測も出来ますので、かなり有効なツールとなります。

フィボナッチボックスは口座開設で完全無料で使えます。

口座開設はこちらから



スポンサードリンク
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

2016-02-14 01:20 : 日柄 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ポンド円  日柄で考える2月8日からの展開

ポンド円の日柄記事です。

先日の日柄記事のポンド円 日柄で見た1月27日からの見通しには

2月2日が52日目となり、来週の火曜日が変化日となり、一旦の上値を示現することになります。 しかし、気になるのは前回の昨年9月4日から11月19日までが54日間となっており、2日分余分にすぎておりますから、これを調整して若干短くなる可能性も捨てきれておりません。

と書いていましたが、見立て通り、2月1日に一旦の高値をつけての下落となり日柄は機能ました。

日柄記事をはじめて読む方は、すこし長い記事ですが、是非、こちらを読んでみてください。

日柄の研究 基本数値編    日柄の研究  対等数値編



私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

ポンド円日足チャートで、クリックで拡大出来ます。

0207.jpg


先日1月20日の安値は、ほぼ予想の範囲内で、その根拠は上記チャートの通りです。

昨年6月高値から9月安値の値幅をちょうど消化した形になり、ここの安値が当面の安値と考えられます。

スポンサードリンク



今回の下げが、1月安値を下回るようなら、相場の底抜けとなり、新たな目標値を作ることとなりそうです。

しかし、その可能性は低いと見ており、先日の安値近辺での反発があると考えています。

ポンド円日足チャートで、クリックで拡大出来ます。

02072.jpg
記事内のチャートはi-NET TRADERを使用しております。

さて、これからですが、動きとしては赤の矢印で示したパターンと青で示したパターンを考えています。



問題なのは下値をつける日柄となりますが、今回は値を優先していたほうがよいパターンなのですが。あえて考えるとするならば、赤のパターンであれば、候補日としては2月10日から12日あたりが有力だと考えています・

遅行線が、そろそろローソクに近づいていますし、陽転にチャレンジしそうです。

ここで、陽転すると青のパターンの可能性はさらに少なくなります。

現在日柄の観測ができるチャートはi-NET TRADERしかありません。

02074.png

フィボナッチボックスをクリックするだけで、日柄カウントができ、同時に値幅観測も出来ますので、かなり有効なツールとなります。

フィボナッチボックスは口座開設で完全無料で使えます。

口座開設はこちらから



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

2016-02-07 11:12 : 日柄 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: