ドル円日足をペンタゴンチャートで見る  4月4日

久しぶりのドル円の日足のペンタゴンチャートです。

ペンタゴンチャートで見るとトレードシナリオを描きやすくなりますので、時々、自分のお使いのテクニカルと併せてみると、より精度の高いトレードができると思います。

前回の3月3日に書いた『ドル円日足をペンタゴンチャートで見る  3月3日』記事には『今のところ、111円の強い下値支持線と114円のレンジ内という感じですが、ペンタゴンが強い下げから中立のペンタゴンが付いたことから持ち合い以上の展開になりやすいことがわかります。114円を超えて、足固めをして行けば、強気のペンタゴンが着くことになり堅調な展開が望めますし、114円を越せなく111円のレンジ内の動きになるか、111円を切っていけば、更なる下値を探す展開となることが予想できます。』と書いていましたが、その後、114円と111円のレンジでの動きとなりました。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

ドル円日足のペンタゴンチャートです。

0404.jpg
クリックで拡大できます。

ペンタゴンを見る限り、114円と111円でのレンジの幅での移動を予想されますが、この形は持ち合いか、すこし弱気なペンタゴンの付き方とみていますから、場合によってはブルーのラインに頭を抑えられる可能性が出てきています。

逆に、このブルーのラインを破って行くことができれば、相場は持ち合い以上の展開となっていきそうです。
111円を切ってしまうと、相場の雰囲気が一気に変わってしまうので注意が必要です。



関連記事

ペンタゴンチャート 値幅編       ペンタゴンチャート時間編    ペンタゴンチャート  角度編



現在ペンタゴンチャートを使えるのはアイネット証券i-NET TRADERだけで、口座開設だけで完全無料で使用できます。





◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-04-04 21:07 : ドル円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ドル円日足をペンタゴンチャートで見る  3月3日

ドル円の日足の動向が面白くなっているのでペンタゴンチャートで見てみます。

ペンタゴンチャートで見るとトレードシナリオを描きやすいので見てみたいと思います。

一目均衡表は時間軸に主眼をおいているのに対して、ペンタゴンは時間と値幅も同列に考えられているテクニカルです。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

ポンド円日足のペンタゴンチャートです。

capture-20160303-175507.jpg
クリックで拡大できます。

ペンタゴンチャートはaの持ち合いの幅、bの強い下げの角度の下降局面をきれいに示唆していました。

角度の考察については次の記事に書いています→ペンタゴンチャート  角度編

さてこれからですが、今はcのラインの114円を超えれるかどうかに注目しています。

今のところ、111円の強い下値支持線と114円のレンジ内という感じですが、ペンタゴンが強い下げから中立のペンタゴンが付いたことから持ち合い以上の展開になりやすいことがわかります。

114円を超えて、足固めをして行けば、強気のペンタゴンが着くことになり堅調な展開が望めますし、114円を越せなく111円のレンジ内の動きになるか、111円を切っていけば、更なる下値を探す展開となることが予想できます。

関連記事

ペンタゴンチャート 値幅編       ペンタゴンチャート時間編

ペンタゴンチャートの応用方法としては、一目均衡表と同時に表示すると更に状況が把握しやすくなります。

226poniti.jpg

そのほかにペンタゴンチャートの中に内線を引くと、更に抵抗線等がわかりやすくなります。

226pon1.jpg

内星線もかなり参考になり、これを自動で表示できるのは便利です。

226pon2.jpg

いずれも、ワンタッチで表示する事ができます。

現在ペンタゴンチャートを使えるのはアイネット証券i-NET TRADERだけで、口座開設だけで完全無料で使用できます。

↓口座開設はコチラから






◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-03-03 18:57 : ドル円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

テクニカルで見たドル円日足の2月24日からの展開

★スポンサードリンク★
【相場の転換を見極めるレポート】です
天井と底を見極めるコツが書かれていますので
是非ご活用下さい

<あと30名>で終了
レポートはコチラから無料ダウンロードいただけます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX


久しぶりにドル円について書いてみます。

ボリンジャーバンドとMACDとストキャスティクスの状況を見ていきましょう。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

MACD・ストキャスティクスのドル円日足チャートです。

capture-20160223-224619.jpg
クリックで拡大できます。

ボリンジャーバンドはポージの状態ですが、少々、広がり過ぎにも見えます。

ストキャスティクスの状況は売買できるサインは出ておらず、あてにならない状況です。

MACDは下げ過ぎに見えますが、現在のゴールデンクロスは、乖離率の調整をした状況で買いのサインと見るのは危険です。

ストキャスの動きは若干違いますが、数値的には同じ位置にあり、他のテクニカルが同じような動きになっていることがわかると思います。

さて、これからですが、ボリンジャーバンドに注目しており、値を大きく崩さなければ、-1σを自動的に越えていく状況となり、ミドルバンドは下向きながらも、最悪の状況からの脱出は出来ます。

そうなれば、他のテクニカルでも買いのサインの信頼度が、現在の状況よりは高くなります。

週足のMACDでみると、これ以上下げると、2007年の120円からの下げに匹敵する数値に近づいてくる事になりますので、ここらで反発しておかないと、非常に危険な展開となりそうです。




使用チャートはアイネット証券の口座開設でi-NET TRADERで完全無料で使用できます。

↓口座開設はコチラから



◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-02-23 23:19 : ドル円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ドル円来週からの展開  限定公開日柄記事

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012-10-20 06:31 : ドル円 :

ドル円  日柄記事   9/10~

セントラル短資FXのクイックチャートトレードのドル円日足です。
capture-20120909-044011.png
持ってない方は、下のバナーからの口座開設に協力ください。


前回の日柄記事には『日足基準線に頭を抑えられた形となり、金曜日安値は先週安値を更新した形となりました。
これで波動は、一段と複雑になり、先が読みにくい形となっています。来週からですが、私自身は買いポジションを解消しておらず、ストップがかかるまでは放置の状態です。遅行線も基準線転換線も陽転したままです。
あとは雲と実態、基準線や雲をどうやり過ごしていくのかがポイントとなっていくと見ています。』と書いていましたが、木曜日には一旦は戻りを試したものの、金曜日の雇用統計の結果により、大きく値を崩す展開となりました。
再度日柄を見直したときに、安値からの43日目で安値を試し、高値からの41日目で高値を試しております。
そうであれば7月23日の安値か、変化日と見ている8月2日の安値から42日目付近までは反転しにくい状況かもしれません。
基本数値変化日から見れば、8月1日から現在のところ28日を経過しており、まだ変化日には到達しておらず、あと5日はかかることになります。
結局8月1日でもったポジションは決済されないままに持ち越しといった形になっておりますが、これはこのままで、次の変化日の位置によって、どうするかを考えなければなりませんが、来週ははっきりしない相場が続き、33日目付近で安値を決めてくれれば反転しやすくなりそうです。
ここは先にあげた7月23日安値からの40日目となり、変化日からの基本数値33日目と、ほぼ一致することから、14日金曜日か17日月曜日あたりに安値をたたく形、さらに言うならば78円を割り込まない水準での反転が、上昇に弾みをつけやすい形になるのかもしれません。

少し日柄とは関係がありませんが、金曜日のダウの動きとドル円の動きを見ると、ダウが14ドル64セント高の13306ドル64セント、ナスダックが0.61ポイント高の3136.42で、ドル円の下落に反して違和感を覚えてなりません。
9月のレパトリの期待もあったり8月はドル円が上昇しやすいというアノマリーもあるせいか、どうもドル円のポジションの偏りがあったのかもしれません。
まったく根拠のない話なので戯れ話と聞いて貰えば幸いなのですが、これで買いポジションが一掃されれば、比較的閉塞感のあった相場環境が徐々に軽くなっていくのかもしれません。
来週にはっきりする大口の手口を確認しておきたいものです。



読まれた方は、一つだけ協力願います。
ポチッとして下さい。
q


セントラル短資のチャートを使って日柄の説明をして行きます。
まったく強制ではありませんが、以下のバナーから口座開設していただければ幸いです。

2012-09-09 05:13 : ドル円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: