ポンド円 テクニカルで見た今週・来週の相場の考察

昨年末の日柄記事で指摘していた日にちで一息をいれた格好となりました。

テクニカル記事で解説している内容でチャートを見てみたいと思います。





私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

pon1h0123.jpg
クリックで拡大出来ます。

記事内のチャートは全てi-NET TRADERを使用しております。

現在のポンド円1時間足ののボリンジャーバンドとストキャスティクスとMACDの状況です。

赤の部分がMACDとストキャスティクスが同時に買いサインが出た位置で、赤の部分がMACDとストキャスティクスのテクニカルの売りを示した位置で、それぞれ利益を上げることができました。

ボリンジャーバンドに関しては、ほぼ、持ち合いの状況を示していましたから、早めの利食いが吉である事を示唆していました。

テクニカルのそれぞれの解説は以下から読んでください。

MACDとその売買法     ボリンジャーバンドと売買法 Vol1     ストキャスティクスとその売買法





ポンド円4時間足のチャートです。

pon4h0123.jpg

4時間足もMACDとストキャスも買いサインが点灯していました。

そろそろ利食いを入れるタイミングではありますが、MACDやストキャスでは、もう少しといった感じでしょうか。

ボリンジャーバンドは、角度も幅も、それほど方向性を示していませんので、先の二つのテクニカルで判断するといいと思います。




さて日足のポンド円です。

pon1d0123.jpg
クリックで拡大できます。

前回のテクニカルでの見解では『日足チャートで先日には、MACDが勝率の低い買いサインが点灯しそうになりましたが、それも消えてしまいました。ボリンジャーバンドもストキャスティクスもMACDも、明らかに売られ過ぎを示していますが、現在のところ買いのサインは出ていません。こういう状況で安易に日足レベルでの買いは危険だと考えるべきです。』と書きましたが、大きく下げることはなかったものの、持ち合いが続き、じれったい展開となってしまいました。

さて、これからですが、ボリンジャーバンドは安定的な下げからの解消となり、MACDはすでに買いサインが点灯しております。

問題はストキャスだけで、すでにゴールデンクロスをしているものの、20のラインをギリギリ超していないことから、微妙な状況で、あと1日は様子を見たいところです。

先に述べた1時間足と4時間足は、すでに売りの状況に近いことから、日足レベルでトレードをするにしても、両チャートを見ながらタイミングを測るといいとおもいます。

i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

あなたが読むべき記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

2016-01-23 18:00 : アイネット : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ボリンジャーバンドクロスはダマシを見破る

ダマシを見破るツール

ボリンジャーバンドは優れたテクニカルです。

しかしながら、それでもダマシは発生してしまいます。

そのダマシを回避しやすいツールがあります。

スキャルからデイトレまで、同じ見方でトレードできますので、非常に便利です。

アイネットFXi-NET TRADERなら標準でついており、口座開設にて完全無料で使用できます。





ポンド円の1時間足のボリンジャーバンドを表示したi-NET TRADERです。

この青色のボリンジャーバンドはパラメーターを21ですが、パラメーターの設定は好みで変えることができます。

ボリンジャークロス7
チャートはクリックで拡大できます。

長い下げの後に、持ち合いとなり、スクイーズから持ち直しました。

5W2C2643.jpg

ボリンジャーバンドと売買法 vol1で書いた、スクイーズとポージにも当て嵌まる場面で、買いのセオリーとなります。

しかし、この時はセオリー通りとならずダマシとなってしまいました。

では、どうしたらダマシを回避できたでしょうか

ポンド円の1時間足のボリンジャーバンドクロスを表示したi-NET TRADERです。

ボリンジャークロス8
チャートはクリックで拡大できます。

ボリンジャーバンドクロスとは、異なったパラメーターのボリンジャーバンドを同時にチャートに表示させる事です。

通常は短期と長期のボリンジャーバンドを同時に表示させる事によって、ダマシを見破りやすくなります。

チャートの中のボリンジャーバンドは、ブルーのパラメーターが21で、オレンジのパラメーターが52です。



ボリンジャーバンドクロスで表示した、ブルー(短期)のボリンジャーバンドは、先ほども述べたように買いサインですが、オレンジ(長期)のボリンジャーバンドは、まだ買いの状況ではありません。

それどころか、良くて持ち合い、悪くみると下げ継続と見えます。

買いで入るよりも、ブルー(短期)のボリンジャーバンドの+2σを超えたところで、売りのチャンスにさえ見えます。

ボリンジャークロス9
クリックで拡大できます。

その後、予想通り下げとなりました。

このことから、ボリンジャーバンドクロスはダマシを見破る有効なツールである事がわかります。

5W2C4026.jpg

チャートの赤で示した長期的な下げの場面で見られるように、長短のボリンジャーバンドが同じ方向を向いているときには、そのトレンドが長く続きやすいことがわかります。

特に、ボリンジャーバンドと売買法 vol2にも書いた、バンドウォークの条件と重なるようであれば、かなりの破壊力を持ったツールである事になります。

ボリンジャーバンドクロスはアイネット証券口座開設にて完全無料で使用できます。

詳しくはコチラから


よく読まれている記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。




応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-01-19 18:30 : アイネット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

MACDバーとは

MACDの見方って難しくないですか?

MACDの前回の記事にも書きましたが、《MACDの記事はこちらです→MACDのその売買法》なかなか理解しにくかったのではないでしょうか?(私の文章力に問題はありますが・・・・。)

パッと見ただけで、色々なパラメーターのMACDを把握できる便利なツールがあります。

5W2C2776.jpg

MACDのその売買法で書いていますが、MACDの数値は短期が12、長期が26、シグナルが9と言うのが一般的です。

他に有名なのがジョー・ディナポリ氏の考案した、短期が8、長期17,シグナルが9も使いやすいと有名で

他には、考案者が推奨している短期が6、長期が19、シグナルが6

短期が19、長期が39、シグナルが9というのもあります。

それぞれの利点がありますが、全てを一気に表示すると複雑になってしまい見難いだけのチャートになってしまいます。

チャートはシンプルに見てわかるが一番です。

MACDのその売買法に書いてありますが、MACD=短期EMA-長期EMA

このテクニカルの考え方としては、短期長期のEMAの乖離幅でトレンドの強弱や変換を予測するという事になります。

シグナルに関しては、MACD自信のEMAですから、そのMACDのトレンドが把握ができ、MACDとの間にトレンドで買い方有利か、売り方有利かをゴールデンクロスやデッドクロスで知ることが出来るわけです。



MACDバーとは



MACDは短い期間の設定では売買のシグナルが早く、そして多くなります。

そして、長い期間の設定では売買のシグナルが遅くなり、そして少なくなります。

お互いに長所と欠点がありますので、それを同時表示させ、トレードの精度を高めていくチャートがあります。


MACDバー
チャートはクリックで拡大できます。i-NET TRADERを使用しております。

チャートは一番上からローソク足で、真ん中が普通のMACD、一番下がMACDバーとなります。

普通のMACDのパラメーターは短期は12、長期は26、シグナルは9

MACDバーのパラメーターの上段から

短期 6  長期 8   シグナル 9

短期 8  長期 17  シグナル 9

短期 19  長期 39  シグナル 9

最大4種類のパラメーターのMACDを一度に見ることができます。

MACDバーの使い方



MACDバーの見方は簡単で、ゴールデンクロスした時はで、デッドクロスした時はです。

macdバー1

複数のパラメーターのMACDを見ることによる利点は以下の通りです。

相場の状況がひと目でわかる

MACDのダマシを極力回避できる。

状況においてインとイグジットを様々なパラメーターでできる。

簡単に書けば以上の通りですが、相場の中で見ていると非常に便利なのがわかります。

MACDバーの使用例



私の使い方はMACDの6と19の反応の早いパラメーターの色が変わることによって、そろそろトレードチャンスが近づいてきたのを確認します。

強めのトレンドが出てきている時は12と26の組み合わせのパラメーターのMACDでトレードを仕掛け、19と39でイグジットを心がけています。

非常に強いトレンドが出ている時は8と17のジョー・ディナポリ氏のパラメーターの8と17の組み合わせのパラメーターでトレードを仕掛け、19と39でイグジットを心がけています。

赤い矢印の地点は、前のMACDとその売買法の記事にも書いていますが、ダイバージェンスとこの形になれば、かなりの自信を持ってのトレードができます。



MACDバーはアイネット証券の口座開設で完全無料で使えます。

アイネット証券は他にも便利な機能としてペンタゴンチャートや日柄を数えるのに便利なフィボナッチボックスという機能があります。

ペンタゴンチャートは縮尺縮小にもきちんと対応されており、他の業者さんでは、このようなペンタゴンチャートは使えないと思います。

日柄を数えることが出来るチャートに関しては、私の知る限りではフィボナッチボックスしか無いので、今のところアイネットトレーダーを日柄観測では使っております。

デモだけでもいいので一度使ってみるといいと思います。





応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2015-11-25 22:00 : アイネット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

一目の基本を読み解く


一目均衡表の研究一目均衡表の研究
(1996/11/30)
佐々木 英信

商品詳細を見る


3670円もする『一目均衡表の研究』を期間限定無料プレゼント中です。


日本経済新聞のアナリスト人気ランキングのテクニカルアナリスト部門で、1995年から2003年まで9年連続で1位だった佐々木英信先生が執筆された『一目均衡表の研究』をアイネットFXさんのご好意で口座開設及び入金のみでプレゼントして頂けることになりました。
タイアップの話を頂いたときに本の選択にはすこしの迷いもありませんでした。
自分自身のトレードの根底に流れるものは一目均衡表です。
一目均衡表の奥は深く、わかったつもりになっていても、なかなか理解できるものではありません。
トレードが不調になったときには、必ず何度も何度も読み返しています。
その度に、新たな発見をさせてくれるのがこの『一目均衡表の研究』なのです。
是非、みなさんもこの機会に手にとって読んで頂ければ幸いです。

↓お申込みはコチラから


肝心のアイネットさんの使い勝手ですが、先端技術を結集した新システム『i-NET TRADER』を口座開設で無料で使うことができます。

起動させたばかりの画面ですが、今までのチャートソフトとは雰囲気がちょっと違いますね。

inet.jpg

テクニカルも必要以上に揃っています。(全44種類)

inet2.png

MACDだけでも数種類ありWMAを使う事もできます。
WMAを使うことにより通常のMACDよりもダマシがすくなくなり、反応が早く出ることが多いように感じます。

inet3.png

売買タイミングを逃さないチャートからの直接発注もできます。

自分の取引結果を客観的に判断できる分析機能も秀逸です。
全ての取引結果を自動的にグラフ化し、自分では気がつかない取引の傾向を知ることができます。

これだけのツールが完全無料でつかえますし、なんと言っても『一目均衡表の研究』をこの機会に手にしていただきたいと思っています。
↓お申込みはコチラから


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

トラコミュ
ポンド円!ドル円!明日の相場動向



維新の介テクニカル分析講座さんは、テクニカルについて細かく説明されています。
勉強になるので見に行かれたら如何でしょうか。
人気ブログランキングへ←コチラからどうぞ、現在50位付近です。

-為替予報ーさんは、エリオット、チャートパターン、値幅等を使って相場を読み解いておられます。
特に日柄分析の考え方はいつも参考にさせていただいています。
人気ブログランキングへ←コチラからどうぞ、現在8位付近です。




ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←


役に立ったならポチッっとお願いします。
更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  

2010-08-01 19:29 : アイネット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

一目均衡表の奥義を学ぶ

日本経済新聞のアナリスト人気ランキングのテクニカルアナリスト部門で、1995年から2003年まで9年連続で1位だった佐々木英信先生が執筆された『一目均衡表の研究』をアイネットFXさんのご好意で口座開設及び入金のみでプレゼントして頂けることになりました。
タイアップの話を頂いたときに本の選択にはすこしの迷いもありませんでした。
自分自身のトレードの根底に流れるものは一目均衡表です。
一目均衡表の奥は深く、わかったつもりになっていても、なかなか理解できるものではありません。
トレードが不調になったときには、必ず何度も何度も読み返しています。
その度に、新たな発見をさせてくれるのがこの『一目均衡表の研究』なのです。
是非、みなさんもこの機会に手にとって読んで頂ければ幸いです。

↓お申込みはコチラから


肝心のアイネットさんの使い勝手ですが、先端技術を結集した新システム『i-NET TRADER』を口座開設で無料で使うことができます。

起動させたばかりの画面ですが、今までのチャートソフトとは雰囲気がちょっと違いますね。

inet.jpg

テクニカルも必要以上に揃っています。(全44種類)

inet2.png

MACDだけでも数種類ありWMAを使う事もできます。
WMAを使うことにより通常のMACDよりもダマシがすくなくなり、反応が早く出ることが多いように感じます。

inet3.png

売買タイミングを逃さないチャートからの直接発注もできます。

自分の取引結果を客観的に判断できる分析機能も秀逸です。
全ての取引結果を自動的にグラフ化し、自分では気がつかない取引の傾向を知ることができます。

これだけのツールが完全無料でつかえますし、なんと言っても『一目均衡表の研究』をこの機会に手にしていただきたいと思っています。
↓お申込みはコチラから


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:**:--☆--:*:--☆--:*:

トラコミュ
ポンド円!ドル円!明日の相場動向



維新の介テクニカル分析講座さんは、テクニカルについて細かく説明されています。
勉強になるので見に行かれたら如何でしょうか。
人気ブログランキングへ←コチラからどうぞ、現在53位付近です。

-為替予報ーさんは、エリオット、チャートパターン、値幅等を使って相場を読み解いておられます。
特に日柄分析の考え方はいつも参考にさせていただいています。
人気ブログランキングへ←コチラからどうぞ、現在6位付近です。




ポンド円ブロガーの見解を見るならコチラから→にほんブログ村 ポンド円


有力ブロガーの見解を見るにはコチラから人気ブログランキングへ

トラコミュ
今後のポン円について、詳しくはコチラ←←


役に立ったならポチッっとお願いします。
更新のエネルギーになります。
こちら応援のポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  

2010-07-29 23:50 : アイネット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: