ポンド円 日柄で見た9月26日からの展開

ポンド円は、依然として雲下限を試すことができず、はっきりした展開とはなりませんでした。

先週日柄記事の『ポンド円 日柄で見た9月19日からの展開』には『幸いに含み益はありますので、ストップは動かさないままに放置としておきます。 週半ばあたりまでは、はっきりしないか弱い展開かもしれませんが、その後は日柄的にも強くなるとみています。 』と書いており、ポジションを変えるつもりのないと書いていました。とりあえず、今のところは見ていた通り、水曜日の安値を切ることはない展開となっています。

私自身は日柄トレード主体ですので、i-NET TRADERを使っていますが、他のテクニカルも非常に見やすいのでお薦めしています。

ポンド円日足チャートです。

capture-20160924-103441.png
クリックで拡大できます。

さて、これからですが、21日に8月安値からの26日を迎えたこと、大陰線をひいた6月から63日目を消化したことから、足型としては悪いものの展開は強くなるとみています。

なので、ポジションにも変化をつけませんし、このままホールドのままで良いと考えています。

ただし、遅行線が陰転しそうなことと、転換線と基準線が陰転していましました。

状況としては苦しい状況にも見えますが、ここは日柄を優先したいと考えています。



使用チャートはアイネット証券の口座開設でi-NET TRADERで完全無料で使用できます。

↓口座開設はコチラから



◆スポンサードリンク◆
30名様限定■無条件でレポートプレゼント

無条件のプレゼントはダウンロードいただけましたでしょうか?
PC上に保存できるレポートですので永久保存版として入手してください
あと(30名)で締め切りとさせていただきます
(下記ページからでるポップアップで入手してください)
↓ ↓ ↓
【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX

応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

特選記事

相場の真実 日柄の考え方

日柄の研究 基本数値編
相場は日柄が支配している

日柄の研究 対等数値編
相場は繰り返される

ペンタゴンチャートの考察

ペンタゴンチャート 角度編
レートの推移に強い角度が存在する。

ペンタゴンチャート 値幅編
トレードの目標値の出し方には理由がある。

ペンタゴンチャート 時間編
黄金比は時間にも影響を与えていた。
ペンタゴンチャートも日柄観測もできますので使って損はないと思います。



i-NET TRADERはテクニカルの設定もパラメーターの変更にも自由度が高くオススメです。



応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村
2016-09-24 10:49 : ポンド円 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサードリンク

Amazon商品一覧【新着順】

為替上級者の見解は?


ポンド円村

FXランキング


相互リンクとランキングプラス

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード

メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: